2022最新|DeFiに投資する方法|暗号資産・仮想通貨で不労収入

2022最新|DeFiに投資する方法
暗号資産・仮想通貨で不労収入

このページでは、仮想通貨・暗号資産のDeFi(Decentralized Finance:分散型金融)でお金を稼ぐ「不労収入」のやり方を、わかるように解説おこないます。

仮想通貨DeFi(分散型金融)の概要

『仮想通貨DeFi(分散型金融)の概要』

DeFi(分散型金融)とは、EthereumやBinanceチェーン、その他のブロックチェーンネットワークを活用することにより、

中央の管理者なしで実現する、AMM(自動マーケットメイキング)や、レンディング(貸付)の仕組みです。

仮想通貨DeFi(分散型金融)の概要

  • ①AMM(自動マーケットメイキング)
  • ②レンディング(暗号資産担保による貸付)
それぞれ、機能は違えど、暗号資産・ブロックチェーンの技術により、中央の管理者なしで分散型の金融システムを実現していることが特徴です。

 

代表的なDeFiの種類

『代表的なDeFiの種類』

2022年現在、主要なDeFiの種類として、次のとおりです。

代表的なDeFiの種類

  • PancakeSwap:BNBチェーン
  • UniSwap:Ethereumチェーン
  • SushiSwap:Ethereum、Optimism、Arbitrum、Fantom、Avalanche Binance Chain、Polygon

基本的に、DeFiで取り扱いできる仮想通貨の種類は、そのDeFiがサポートしているブロックチェーン上のトークンのみです。

 

====すべてのトークンを取り扱うわけではない====

※すべての仮想通貨をとりあつかいしているわけではなく、そのDeFiがサポートしているチェーン上の、特定のトークン(ERC-20、BEP-20、Solana、Polygon、等)のみです。

 

主要なDeFi

『主要なDeFi』

主要なDeFiとしては…、

主要なDeFi

  • PancakeSwap(Binance)
  • UniSwap(Ethereum)
  • 〇〇~Swap系
  • Aave
  • Compound
  • PoS:ステーキング
「取引所レンディング」という、中央集権の仕組みもあります。

 

DeFiの利益率

『DeFiで得られる金利・利益率』

DeFiの基本的な仕組みとして、

DeFiの利益率

  • ①AMM(流動性マイニング・イールドファーミング
  • ②レンディング(貸付)
  • ③PoS(ステーキング)

があります。

 

====金利(年率)目安====

①AMM:3~30% ②レンディング:1~2.5% ③PoS:3~5%

それぞれ、見ていきましょう。

 

①AMM(自動マーケットメイキング)

AMM(自動マーケットメイキング)は、流動性マイニング・イールドファーミングとも呼ばれ、ユーザーは2つの異なる資産を1:1の比率で預け入れる流動性を提供する)ことにより、

その流動性を活用する 為替決済の手数料 から利益を得ることができるモデルです。

 

預け入れた資産は、つねに1:1の比率が担保され、

DeFiの流動性を利用するDEXのユーザーから得られる手数料

これが、流動性マイニングの金利(不労収入:イールド)となる仕組みです。

 

金利収入:イールドファーミング
年率3~30%が目安

たとえば、2022年に大人気だった「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」の流動性マイニング(イールド・ファーミング)を見ると…、

このように、年率3%~35%くらいの不労収入が目安となります。

 

====高金利には見えないリスク====

高金利に見える通貨ペア では、価格変動が大きな通貨がおおく、手数料以上に価格変動によるリスクを被る恐れがあり、注意が必要です。

 

②レンディング(貸付)

仮想通貨レンディングは、①取引所レンディング と、②DeFiレンディング(Aave、Compound、等)があります。

 

取引所レンディング

国内の暗号資産取引所の場合には、BitLending(ビットレンディング)という業者が、年率8%くらいで上位です。

 

DeFiレンディング

DeFiレンディングは、Ethereum(イーサリアム)等のスマコンによりブロックチェーン上に構築されたDeFiで、たとえばAaveのDeFiでは…、

====AaveのDefi(人気順)====
⇩  ⇩  ⇩

得られる金利:年率1~2.5%程度

同様に、Compound(コンパウンド)の場合にも…、

得られる金利:年率0.2~0.6%程度

仮想通貨の価格のボラティリティから考えれば…、ごくわずかな金額にしかすぎません。※さらに、ハッキング・盗難のリスクがあります。割りに合わないですよね。

 

③PoS(ステーキング)

PoS(ステーキング)というのは、DeFiの中でも「イーサリアム(Ethereum)」のような…、

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)

を採用している通貨の場合には、その通貨を一定期間ネットワークにロックすることで得られる報酬 「ステーキング報酬」 と呼ばれる金利収入を得ることができます。

 

PoSのステーキング金利・報酬

  • Ethereum:年率4%ほど
  • BNB(Binance):年率3.5%ほど
  • Avalance:年率3%ほど

このように、PoSステーキングによる金利はおおむね:年率3~5%くらい が目安です。

 

DeFiのリスク

『DeFiの大きなリスク』

DeFiの大きなリスクとしては…、

DeFiの大きなリスク

  • ①価格変動リスク
  • ②ハッキング

この2つがあります。

 

①価格変動による損失リスク

DeFiに資産を預け入れたとして、大きな資産価格の変動が起きたときには、価格変動のリスクを受けることになります。

とくに、流動性マイニング(AMM)の場合には、一方の資産がおおきく減少すると、価格変動による損失を受けることになります。

 

②ハッキング

DeFiのスマートコントラクトで使われているプログラムには、完全に穴がないと保証されるわけではありません。

DeFiの仕組みをうまいこと利用して、バグ技のように資産を毀損するハッカーが現れることがあり、DeFiの安全性については、完全には担保されていません。

====⚠DeFi取引にリスクはつきもの⚠====

注意しましょう。

 

DeFiと規制・法律

DeFiの法律と規制については…、

分散型であることもあり、現在の法律の規制が追い付いていない状況があります。どんどん新しいものが出てくるので、法律で追いつくことができない。といったような感じでしょうか。

 

====補足:片面流動性のAMM===

AMMに関しては、Ripple社が先進的な「片面流動性」の仕組みを構築しようとしています。

 

結論:DeFiは儲かるのか?|年率3~5%くらい

DeFiに資産を預け入れたとして、得られる金利(不労収入)は、年率3%~5%くらい。その金利を取りに行くかどうか?

(わたしは取りに行く必要はないかと判断しました。)

 

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

DeFi
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました