RippleXRP|フック・Hooksの機能と目的について

RippleXRP

XRP元帳Hooksとは何か?
XRP元帳のスマートコントラクト

XRP元帳Hooksは、XRP元帳のシンプルなスマートコントラクトです。

XRP元帳Hooksの特徴

  • シンプルなスマート・コントラクト
    ※意図的に、チューリング完全でない
  • 開発元:XRPLedger財団(Wietse Wing)
  • 目的:XRP元帳のビジネス活用に対応する
  • プログラミング言語:WebAssembly
  • コンセンサス:検討中であり、XRPによりガス料金を支払い

このように、XRP元帳Hooksは、XRP元帳メインネットに実装が計画されている、シンプルなスマートコントラクト機能です。

※実装はまだ先、現在はパブリック・テスト中です。

  • XRP元帳Hooksとは?その目的
  • 1.シンプルなビジネスシーンでの活用
  • 2.プログラミング言語「WebAssembly」を採用
  • 3.開発元:XRP元帳財団、Wietse Wing 氏ら
  • XRP元帳Hooksの実装・検討中の課題
  • 1.コンセンサス・アルゴリズムについて
  • 2.XRP元帳Hooksのしくみ
  • 3.AMMとの関係性について

XRP元帳Hooksとは?その目的

このページの冒頭で述べたとおり、XRP元帳Hooksは、XRP元帳に実装が計画されている「シンプルな、スマートコントラクト」です。

XRP元帳Hooksとは?その目的

  • 1.XRP元帳に、シンプルなスマートコントラクトを追加する
  • 2.ビジネスシーンを想定し、「①ライトアカウント、②支払いの一部を自動的に分割する、③KYCリストを取得する」など、
    必要な機能を追加することが目的です
⇨ビジネスシーンで必要になる機能を追加する

現在のXRP元帳には、シンプルで効率的な送金機能がそなわっています。

1.シンプルなビジネスシーンでの活用

しかし、ビジネスシーンでXRP元帳を活用するには…、

  • ①特定の受取りを拒否したい
  • ②ブラックリストを作成したい
  • ③ライトアカウントで管理したい
  • ④KYC完了リストを取得したい
⇨このように、シンプルに必要な機能を追加したい

と考えられます。

このような、「XRP元帳のビジネス活用で必要な機能を追加すること」が目的とされています。

2.プログラミング言語「WebAssembly」を採用

WebAssemblyは、非常に効率的なプログラミング言語です。

Ethereum(イーサリアム)では、チューリング完全なプログラミング言語である「Solidity(ソリディティ)」を採用していますが、

XRP元帳Hooksでは、意図的に非チューリング完全を採用しています。

※チューリング完全の言語には「繰り返し」が含まれるため、実行するまでどのくらいの計算量(リソース)が必要か、わからない。

XRP元帳Hooksでは、事前にコードを実行するための計算量を測定し、必要になる料金を算定するために、意図的に”非チューリング完全”を採用しています。(くり返し回数の上限設定、GURD)

現在、XRP元帳Hooks以外でも、ビジネス向けスマコンでは「WebAssembly(WASM)」が注目されています。

3.開発元:XRP元帳財団、Wietse Wing 氏ら

XRP元帳Hooks機能は、現在XRP元帳メインネットに実装が検討されている機能であり、実装が決定されたわけではありません。(テスト中)

XRP元帳は十分に効率的な元帳ですが、スマートコントラクト は実装されていません。

Hooksの開発元は、Ripple社のチームではなく、XRP元帳財団(XRPLedger財団)の、WiesteWing氏らが率いています。(おそらく)

一番重要な、XRP元帳開発ブログは、Wieste Wing氏が執筆しています。

一番重要:XRP元帳Hooks開発状況ブログ

XRP元帳Hooksの実装・検討中の課題

1.コンセンサス・アルゴリズムについて

XRP元帳に「Hooks(スマート・コントラクト)」を実装するには、その計算リソースに応じた”ガス料金を支払う”コンセンサス・アルゴリズムが必要になります。

XRP元帳のコンセンサスは、BFT(ビザンチン合意)により、効率的に元帳を進行していますが、Hooks(スマコン)を実装するとなると、話は別です。

コンセンサスとは?
すべての分散型のバリデーターで完全に同じ結果に「合意」すること。これが、ブロックチェーンの基本です。

スマコンでは、「①必要なデータを格納する」「②Hooksスマコンを実行する」という、バリデーターの負担が増えることになります。

これらの負担に対して、適切な「コンセンサス・アルゴリズム」のしくみを開発する必要があります。

計算量に応じた、ガス料金の支払い、など。

2.XRP元帳Hooksのしくみ

XRP元帳Hooksの仕組みとしては…、

  • 1.SetHooksで、Hooksスマコンをセットする
  • 2.該当アカウントにTxを送信することで、Hooksが実行される

HooksはアカウントにSetする時点で、計算量が確認可能であり、その結果がすべてのバリデーターで「同じ結果に合意」できる必要があります。

SetしたHooksが、Txにより呼び出され、実行されるしくみです。

3.AMMとの関連性について

XRP元帳AMMについては、RippleX開発チームから提案され、プロトコル・ネイティブに実行されます。

XRP元帳のCLOBと統合され、さらに連続アービトラージ・オークションにより、効率的な価格決定をおこなう仕組みです。

AMMは、プロトコル・ネイティブな実装であり、Hooksとは直接的な関係性はないように見えます。

XRP元帳Hooks|まとめ

現在、XRP元帳以外でも、ビジネスブロックチェーンへのスマコン実装でWASM(WebAssembly)が注目されています。

HooksはXRP元帳財団による開発であり、現在はまだテスト段階です。

スマコンでは、最終的な結果にバリデーターすべてが「同じ結果に合意」して、その結果が覆らない必要があります。

異なる結果が導き出されると、チェーンが分岐してしまいます。

 

その他の考察・妄想

XRP元帳Hooksは何の役に立つ?

XRP担保付ステーブルコイン(

基本的には、

  • ①アカウントへの資金の受け入れ(許可・拒否)
  • ②振込金額の一部を、別アカウントに寄付
  • ③ライトアカウント

これらの、XRP元帳アカウントの付加機能を追加するものです。

スマコンは何のために必要なのか?

必ずしも、すべてをブロックチェーン上で構築する必要はない。ブロックチェーン以外の分散型システムを活用できる?

💡XRP元帳Hooksの意味(予測):

レイヤー1のスマートコントラクトは、十分に効率的である必要がある。

そして、XRP元帳は『支払いのための元帳(レイヤー1)』である。

支払機能のみを、XRP元帳Hooksで自動化し、それ以外のスマートコントラクト実装については、XRP元帳外の高性能ブロックチェーンで実行可能なのではないか?(予測)

そもそも、元々Ripple社で構想していた『Codius(コーディウス)』では、スマコン(dApps)と支払いを分離する考えでした。

この構想を引き継ぐとすれば、HooksはXRP元帳自体に高負荷なスマコンを組み込むのではなく、スマコン機能自体は外部チェーンで実行する?

➡これは全然違うかもしれない。

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

RippleXRP
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました