RippleXRP|ODLを活用する利点

RippleXRP

RippleXRP|ODLを活用する利点

Ripple「ODL:オンデマンド流動性」は、米国のクリプト企業Ripple社がエンタープライズ向けに提供している 流動性管理ソリューション です。

もくじ

RippleXRP|ODLを活用する利点

RippleXRP|ODLを活用する利点としては…、

RippleXRP|ODLを活用する利点

結局のところ、Ripple社のビジネスは
XRPに流動性を与えている

  • コルレス銀行による複雑な支払い関係を排し、シンプルな為替流動性を実現できる。(とくに複雑な経路において)
  • さらに、中小企業はRipple社の与信枠(Line of Credit)を活用することで、シンプルな1つのクレジット契約であらゆる市場への支払いを解決することができます。

コルレスをシンプルなXRPに置き換えることで、①無駄な為替手数料を削減 できるとともに、②中小企業の資本要件の緩和(LoC)を備えています。

 

2022第3四半期でODLの採用が拡大

Ripple社が40%の株式を取得した、東南アジアの決済アグリゲータ「Tranglo社」の積極的なODL採用の影響もあり、2022年第3四半期においてODL利用量が拡大していることが示唆されています。

第2四半期:2125.92 ⇨ 第3四半期:2819.63

 

====Ripple社は、公開市場でXRPを購入====

ODLでのXRPのリアルタイムな貸付に対して、Ripple社は公開市場でXRPの購入をおこなっています。

これはつまり…、

A国通貨のSMEがB国に送金したい場合

  • ①XRP売り ⇨ 通貨B を受取人に送金する
  • ②即座に、通貨AでXRPを購入し、XRP/通貨Aの買いポジを作る
  • ===SMEによる、通貨Aの返済を待つ===
  • ③SMEの通貨Aの返済により、XRP/通貨Aの買いポジが解消される

このように、ODL利用者がXRP貸付による送金をおこなう一方で、送金元通貨によるXRPの買いポジションをもち、ODL信用枠の利用者が嫌うXRPの価格変動の影響を最小化しているという可能性が考えられます。

 

====Ripple社は、空売りを提供====

さらに…、Ripple社はXRPのマーケットメイカーや市場参加者に短期リース(売りポジション)を提供することがあります。

これにより、XRPのマーケットメイカーはXRPの大幅な価格変動による影響を避けつつ、XRPのマーケットメイクから利益を得ることができます。

 

Tranglo社のコストカット事例

東南アジアの決済アグリゲーターであるTranglo社は、Ripple社による40%の株式取得を受けたパートナーシップ関係にあり、積極的にODLの活用を進めています。

Tranglo ODL利用率
21年末:1.47% ⇨ 22年6月:16.9%

  • ODLのコスト削減効果により、手数料収益が減少(複雑な為替決済が減少するため)※TNGは、Trangloの株主

ODLのコスト削減効果により、Tranglo顧客企業の国際決済におけるコストは減少(XRPによる流動性管理や与信枠による

 

Ripple社のビジネス

Ripple社のビジネスはXRPの買い圧力になるのか…?

RippleNetソフトウェアの販売

  • RippleNet関連ソフトウェアの販売による利益

 

XRPによる金利ビジネス

  • SMEに、XRP与信枠を設定 ⇨ 貸付金利を得る
  • マーケットメイカーにXRPの貸付(空売りによるマーケットメイク)⇨貸付金利を得る

XRPのマーケットメイカーは、Ripple社からのXRP貸付により、XRPの価格変動リスクなしでXRPのマーケットメイクをおこなうことができます。

金融機関・Fintech への投資/買収

 

====ODL|LoCによるXRPの需給====
⇩  ⇩  ⇩

Ripple社はRippleNet:ODLを通じて、XRPの市場に流動性を供給。XRP価格変動のリスクを(SMEが)避けるためにLoCを活用。Ripple社はXRPを公開市場から購入する。

ODL|LoCによるXRPの需給

  • LoCによるXRP貸付(XRPの売り)
  • Ripple社によるXRPの購入(XRPの買い)
  • SMEによるLoCの返済(現地通貨)
  • +MarketMakerによるXRPの保有増(XRPの買い)

つまりは、SMEが直接XRPを保有することなく、Ripple社が肩代わりしてXRPによる送金をおこなっている形。

市場としては、流動性が向上(出来高が増える)ことになるが、価格上昇圧力かどうかは、Ripple社のビジネス戦略次第(?)

 

 

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

RippleXRP
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました