仮想通貨:Coreum(CORE)とは?【SOLOのエアドロップ】

RippleXRP

仮想通貨:Coreum(CORE)とは?
【SOLOのエアドロップ】

 

このページでは、シンプルに…、
仮想通貨:Coreum(CORE)とは何か?
について、わかるように解説をおこないます。

 

仮想通貨:Coreum(CORE)とは?

Sologenic開発財団が、開発:

仮想通貨Coreumブロックチェーン(COREトークン)は、仮想通貨:SOLOのSologenic開発財団が、新規に開発した第3世代型のレイヤー1ブロックチェーンです。

2022年2月にホワイトペーパーが公開され、同2月に最初のエアドロップによる無料配布がおこなわれます。

第3世代の、高性能レイヤー1ブロックチェーン:

仮想通貨:Coreumは、1秒当たり7000取引、1.5秒ごとのブロック生成、最新のチューリング完全Webアセンブリ(WSAM)エンジンを実装しています。

コンセンサスは使用状態のボンド証明(BPOS)を採用し、4時間ごとにローテーションする9つのフェデレーショングループにより検証されます。

SOLO保有者に対して、COREトークンをエアドロップ:

仮想通貨:Coreumの独自トークン『CORE』は、SOLOの保有者に対して初期のエアドロップをおこないます。

※これらの詳細については、このページでわかるように解説をおこないます。

 

このページで解説する内容

 

※ページの前半では「①仮想通貨:Coreumブロックチェーン」について解説をおこない、ページの後半では「②COREトークン/エアドロップ」について解説をおこないます。

それぞれ、見ていきましょう。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

※もくじから、一覧を確認できます。

⇩ ⇩ ⇩

仮想通貨:Coreum(CORE)とは何か?

このページの冒頭でも解説したとおり…、

 

仮想通貨:Coreum(CORE)とは何か?

仮想通貨:ソロジェニック(SOLO)の開発チーム『ソロジェニック開発財団(Sologenic Developments Foundation)』が、あらたに開発した『第3世代のレイヤー1ブロックチェーン』です。

 

このように、仮想通貨Coreumはソロジェニック開発財団(Sologenic Developments Foundation)が開発した、第3世代のブロックチェーンです。

 

≫ソロジェニック(SOLO)とは何か?≪

 

仮想通貨Coreum(CORE)の特徴:

『仮想通貨Coreum(CORE)の特徴』としては、つぎのとおりです。

 

仮想通貨Coreum(CORE)の特徴:

高速で、スケーラブルな取引:

  • 1秒間あたり、7000回のトランザクション
  • 1.5秒ごとのトランザクション生成
  • 『使用状態のボンド証明(BPOS)』による、コンセンサスメカニズム
  • 9人のバリデーターから構成されるフェデレーショングループを、4時間ごとにローテーション

最新のチューリング完全Webアセンブリ(WASM):

  • 最新のチューリング完全Webアセンブリ(WASM)エンジンに対応し、多くの言語でアプリケーション(dApps)を構築できます。

担保付ラッピングによる、相互運用性の提供:

  • Coreumブロックチェーン(CORE)では、担保付ラッピングトークンにより、異なるブロックチェーン間の相互運用性を提供します。

内部組み込み式ブリッジ・統合DEX機能:

  • Coreumブロックチェーンでは、組み込み式の非管理ブリッジ機能、およびフル機能の分散型取引所モジュールが組み込まれています。

オンチェーンの資産トークン発行機能:

  • Coreumブロックチェーンには、XRP元帳と同様にオンチェーンの資産トークン発行機能が組み込まれています。
  • これにより、株式やETFなどの資産をブロックチェーン上にトークン化することができます。

 

このように、仮想通貨:Coreumブロックチェーン(COREトークン)では、1秒あたり7000回、1.5秒ごとのブロック生成と、洗練された多彩な機能を提供しています。

 

仮想通貨:Coreum(CORE)が開発された理由:

『仮想通貨Coreum(CORE)ブロックチェーンが開発された理由』としては、つぎのとおりです。

 

仮想通貨:Coreum(CORE)が
開発された理由:

XRP元帳では、機能が十分でない:

  • SologenicEcosystemでは、当初から、証券・株式・商品・ETF・など の非ブロックチェーン資産のオンデマンド・トークン化を目的にしていました。
  • ソロジェニック(Sologenic)の立ち上げ当初から、XRP元帳上でソロジェニック資産トークン発行・取引機能を提供してきましたが、『①発行されたトークンのエスクロー』『②スマートコントラクト』などの基本的な機能が不足していました。

スケーラブルで、十分な機能を持つCoreumを開発:

  • 上記のようなXRP元帳の機能不足、およびその他のブロックチェーンでは不足しているスケーラビリティ、などに対応するため、独自の第3世代ブロックチェーンを開発しました。
  • Coreumは、TendermintCoreコンセンサスプロトコルと、Tendermintビザンチンフォールトトレランス(BFT)を統合する基盤となるIBCプロトコルを使用します。

※TendermintCoreは、Tendermint社が開発したコンセンサスプロトコルです。

 

このように、従来よりソロジェニック(Sologenic)ではXRP元帳により非ブロックチェーン資産のトークン化をおこないましたが、

XRP元帳およびその他のブロックチェーンでは基本的な機能が不足していたため、次世代型のCoreumブロックチェーンの開発をおこないました。

 

なぜ、ソロジェニック(Sologenic)が、新規ブロックチェーンを開発したのか?:

※ソロジェニック(Sologenic)とは、『非ブロックチェーン資産(証券・株式・商品・ETF・など)の担保付暗号資産トークン化』をおこなうプロジェクトです。

≫ソロジェニック(SOLO)とは何か?≪

 

ソロジェニック(Sologenic)のプロジェクト自体は、これまで完全に『XRP元帳』に基づいて、構成されていました。

 

たとえば…、

  • ①SOLOトークンは、XRP元帳上のトークンです
  • ②ソロジェニック分散型取引所(DEX)は、XRP元帳上の統合分散型取引所(DEX)を活用しています
  • ③ソロジェニック資産(sAssets)は、XRP元用のトークン機能により発行されます

こにょうに、ソロジェニック(Sologenic)のプロジェクトは、XRP元帳により発行・取引されています。

 

ソロジェニック開発財団は、新規にレイヤー1ブロックチェーンを開発:

そこで、『ソロジェニック開発財団(Sologenic Developments Foundation)』は、独自に高度なスマートコントラクトアプリケーション(dApps)を構築するために『仮想通貨:Coreum(CORE)』を開発しました。

 

仮想通貨Coreum(CORE)は、第3世代のレイヤー1ブロックチェーンです。

 

Coreum:COREトークンのエアドロップ情報:

『Coreum:Coreトークンのエアドロップ情報』については、つぎのとおりです。

 

Coreum:COREトークンの
エアドロップ情報:

SOLOコミュニティへの初期配布(20%):

  • まず、2022年2月より、SOLOコミュニティに対して全体の20%のエアドロップによる無料配布が予定されています。
  • Coreum:COREトークンは合計5億トークンが発行され、その20%の1億COREが、SOLOコミュニティに対して配布されます。
  • SOLOウォレットのCoreumゲートウェイにトラストラインを作成することで、スナップショットによりSOLOトークンが配布されます。
  • SOLOコミュニティに対するエアドロップは、最初の12カ月間にわたり合計12回が計画されており、月の初めに保有しているSOLOトークン量に応じて、総計1億COREが配布されます。

COREコミュニティへのエアドロップ(30%):

  • SOLOコミュニティへのエアドロップ期間(12カ月間)ののち、つぎの12カ月~36カ月にかけて、COREコミュニティに30%のCOREトークンエアドロップが実施されます。

バリデーターリワードプール(10%):

  • Coreumブロックチェーンのコンセンサス作業をおこなうバリデーターに対するリワード(報酬)として、COREトークンの10%に相当する5000万枚がロックされます。

コミュニティdApps開発(10%):

  • Coreum開発者コミュニティによるdAppsの開発資金として、COREトークンの10%に相当する5000万枚がロックされます。

Coreumオペレーション資金(30%):

  • Coreumブロックチェーンのメンテナンス・オペレーション・開発へのチームと投資のために、30%のCOREトークンが留保されます。

 

2022年2月より
SOLOコミュニティ向け
COREトークン・エアドロップを開始

2022年2月より、SOLOトークンの保有量におうじて、『Coreum:COREトークン』が12カ月間にわたり、毎月エアドロップにより無料配布されます。

 

※COREトークンの配布は、XRP元帳のトラストラインにより配布され、Coreumメインネットの立ち上げ後にトークンスワップがおこなわれる形です。

 

その後、COREコミュニティ向けに12カ月~36カ月にわたり、毎月COREトークンのエアドロップによる無料配布がおこなわれる予定です。

 

このように、Coreum:COREトークンのエアドロップは、SOLOコミュニティ、およびCOREコミュニティに対して、12カ月~36カ月をかけてエアドロップによる無料配布がおこなわれます。

 

仮想通貨Coreum(CORE)とXPR元帳の関係:

『仮想通貨Coreum(CORE)とXRP元帳の関係』としては、つぎのとおりです。

 

仮想塚Coreum(CORE)と
XRP元帳の関係:

ソロジェニック(SOLO)とCorreum(CORE)は共存する:

  • ソロジェニック(SOLO)とCoreum(CORE)は、そのまま継続して共存します。

 

このように、XPR元帳ベースで構築されているソロジェニック(Sologenic)のプロジェクトと、Coreumブロックチェーンのプロジェクトは今後も共存する予定です。

 

仮想通貨Coreum(CORE)の取引手数料:

『仮想通貨Coreum(OORE)の取引手数料』については、つぎのとおりです。

 

仮想通貨Coreum(CORE)の取引手数料:

取引手数料の60%-バリデーター報酬:

  • 仮想通貨Coreum(CORE)の取引手数料の60%は、バリデーター報酬として分配されます。

取引手数料の20%-リワードプール:

  • 仮想通貨Coreum(CORE)の取引手数料の20%は、バリデーターへの報酬を調整する『リワードプール』にプールされます。

取引手数料の20%-焼却(Burn):

  • 仮想通貨Coreum(CORE)の残りの取引手数料の20%は、トークンのデフレ化のために焼却(Burn)されて消滅します。

 

このように、仮想通貨Coreum(CORE)の取引手数料は、バリデーター報酬および焼却(Burn)により処理されます。

 

仮想通貨Coreum(CORE)のロードマップ

『仮想通貨Coreum(CORE)のロードマップ』としては、つぎのとおりです。

 

仮想通貨Coreum(CORE)のロードマップ:

  • 2022年2月:テクニカルホワイトペーパー
  • 2022年2月:最初のエアドロップ配布開始
  • 2022年3月:ソースコードオープンソース
  • 2022年4月:テストネットローンチ(TL)
  • 2022年4月:TL-検証
  • 2022年5月:TL-ステーキング、委任、ガバナンス
  • 2022年5月:TL-トランザクションエクスプローラー
  • 2022年5月:TL-WASMスマートコントラクト
  • 2022年6月:TL-開発者助成金
  • 2022年7月:TL-アセットのトークン化
  • 2022年8月:メインネットの立ち上げ
  • 2022年10月:分散型取引所(DEX)
  • 2022年12月:相互運用性
  • 2023年1月:ソロジェニック資産トークン化プラットフォーム
  • 2023年3月:DEXおよびNFTCoreumのサポート

 

このように、仮想通貨Coreum(CORE)では、2022年8月のメインネット立ち上げ、2023年1月のソロジェニック資産トークン化プラットフォーム公開を予定しています。

 

Coreum(CORE)とは何か?:まとめ

このページで解説したとおり…、

 

Coreum(CORE)とは何か?:まとめ

Coreum(CORE)とは何か?:

  • 過疎通貨Coreum(CORE)とは、ソロジェニック開発財団(Sologenic Developments Foundation)が開発した、第3世代のレイヤー1ブロックチェーンです。
  • 1秒あたり7000回のトランザクション処理能力、1.5秒ごとのブロック生成、最新のチューリング完全Webアセンブリ(WASM)、オンチェーントークン発行機能などをサポートしています。

Coreum(CORE)が開発された理由:

  • ソロジェニックでは、XRP元帳を活用していたが、XRP元帳では『発行されたトークンのエスクロー』や、『スマートコントラクト』などの基本的な機能が不足していた。
  • そこで、スケーラブルで十分な機能を持つCoreumブロックチェーンを独自に開発しました。

Coreum(COREトークン)のエアドロップ:

  • Coreum(COREトークン)のエアドロップは、SOLOコミュニティに初期の12カ月で20%、COREコミュニティに次の12カ月~36カ月で30%がエアドロップにより無料配布されます。

 

このように、仮想通貨Coreum(CORE)は、ソロジェニック開発財団(Sologenic Developments Foundation)が開発する、第3世代のレイヤー1ブロックチェーンです。

 

Coreumによるソロジェニックエコシステムの拡大・支援のほか、ほかのDeFi開発のために活用できます。

 

このページで解説する内容

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

RippleXRP投資
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました