XRP元帳イーサリアムスマコン(EVM)サイドチェーンとは?【解説】

RippleXRP

XRP元帳イーサリアムスマコン(EVM)
サイドチェーンとは?【解説】

このページではシンプルに…、
XRP元帳イーサリアムスマコン(EVM)
サイドチェーンとは何か?
について、わかるように解説をおこないます。

 

XRP元帳イーサリアムスマコン(EVM)
サイドチェーンとは何か?:

Ripple社チームが開発している:

XRP元帳フェデレーションサイドチェーンの『イーサリアムスマートコントラクト(EVM)チェーン』は、ブロックチェーン企業の『Ripple社チーム』が開発しています。

 

XRP元帳でイーサリアムスマコン(EVM)が実行できる:

イーサリアム仮想マシン(EVM:EthereumVirtualMachine)は、イーサリアムブロックチェーン(ETH)で、スマートコントラクトを実行するためのプログラム翻訳機です。

XRP元帳フェデレーションサイドチェーン上にイーサリアムスマコン(EVM)が導入されることにより、XRP元帳上資産によりイーサリアムスマコン・DeFiを実行することができるようになります。

 

このように、XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EV)サイドチェーンは、XRP元帳フェデレーションサイドチェーン技術により、米国Ripple社のチームにより開発されているXRP元帳メインネットにシームレスな『イーサリアムブロックチェーン元帳』です。

 

※※フェデレーションサイドチェーンとは?※※

2022年の上半期にXRP元帳に導入される予定の『フェデレーション・サイドチェーン』は、XRP元帳の基本の決済機能を損なうことなく、シームレスにXRP元帳と連携できる独自のバリデーションを持つ元帳を導入する技術です。

≫フェデレーションサイドチェーンとは

 

この『フェデレーション・サイドチェーン技術』により、XRP元帳にはあらたにNFT・DeFi・プライベート元帳、などのインフラとなる元帳を導入できます。

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト
(EVM)サイドチェーンは、エンタープライズか?

詳細については、このページの後半で詳述しますが、XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンは、プライベート(許可制)のエンタープライズブロックチェーンである可能性があります。

※エンタープライズ =(大企業・政府機関)のこと。

 

このページでは『XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンとは何か?』について、わかるように解説をおこないます。

 

このページで解説する内容

 

それぞれ、見ていきましょう。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

※もくじから、一覧を確認できます。

⇩ ⇩ ⇩

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンとは何か?

このページの冒頭でも解説したとおり『XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンとは何か?』と言えば…、

 

XRP元帳イーサリアムスマートコントラクト
(EVM)サイドチェーンとは何か?:

XRP元帳のフェデレーションサイドチェーン技術により、Ripple社のチームにより開発されている、イーサリアム仮想マシン(EVM)を実行できるサイドチェーン。

XRP元帳上の資産により、シームレスにイーサリアム・スマートコントラクトを実行できるようになる。

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンでできること:

『XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンでできること』としては、つぎのとおりです。

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト
(EVM)サイドチェーンでできること:

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)により…、

  • 低コスト(手数料)なDeFiの実現
  • 低コストなNFTの実現

このように、イーサリアムブロックチェーン(ETH)上でできることは、基本的に何でも同じように実行できるようになります。

金融機関向けのDeFiの実行やデータ共有・NFT実装などXRP元帳サイドチェーン上で低コストに実行することができるようになる可能性があります。

 

さらに、XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンは、『許可制のエンタープライズ元帳』である可能性があり、つぎのとおりです。

⇩  ⇩  ⇩

※※XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンはエンタープライズか?

『XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンはエンタープライズか?』については、つぎのとおりです。

 

※※XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト
(EVM)サイドチェーンはエンタープライズか?※※

XRP元帳サイドチェーンに実装される『イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーン』は、エンタープライズ向けの機能である可能性があります。

エンタープライズ・イーサリアム(EnterpriseEthereum):

たとえば、エンタープライズ・イーサリアム財団(EnterpriseEthereumAliance:EEA)は、エンタープライズ活用向けにプライベートなイーサリアムブロックチェーンの標準化をめざして活動をしています。

 

これと同じように、XRP元帳上に実装される予定の『イーサリアムスマートコントラクト(EVM)サイドチェーン元帳』は、エンタープライズ利用向けのプライベート元帳である可能性もあります。

 

※※エンタープライズとは何か?※※

エンタープライズとは『法人または法人向け製品(大企業・政府機関)』のことであり、中小企業や個人事業主などの『スモールビジネス(SME)』と区別されています。

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンは、許可制のエンタープライズ元帳として、低コストな手数料(Gas料金)および1秒当たり取引量(TPS)を実装している可能性があります。

 

XRP元帳イーサリアムスマートコントラクト(EVM)サイドチェーンの仕組み:

『XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンの仕組み』としては、つぎのとおりです。

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト
(EVM)サイドチェーンの仕組み:

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)は、XRP元帳メインネット上の資産をシームレスに活用することができるイーサリアム・スマートコントラクト(EVM)のサイドチェーンです。

ガス料金は無料・または低コスト:

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンが「エンタープライズ向けプライベート元帳」である場合には、コントラクト実行料金としての「ガス料金(Gas)料金」は、フリーガス(無料)または非常に低コストである可能性があります。

エンタープライズ・ブロックチェーンの種類:

エンタープライズ向けで実行されるブロックチェーンの種類として、つぎのとおりです。

  • ①ConsenSysQuorum(Ethereum)
  • ②HyperledgerFabric
  • ③R3 Corda

これらのブロックチェーン元帳はエンタープライズ(大企業・政府機関)向けに開発され、プライベートに低手数料で利用することができます。

 

このように、イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)では、イーサリアムのチューリング完全な『仮想マシン(機械語翻訳機)』により、分散ネットワーク上のデータに変更を加えることができ、

その利用料金として『トランザクション料金(Gas料金)』を支払う仕組みです。

 

エンタープライズでは
ガス料金が無料または安い

このように、パブリックなイーサリアムブロックチェーンでは、ネットワークが混雑するとトランザクション料金(ガス料金)が高騰し、1秒当たりに処理できるトランザクション量も1秒当たり15取引(TPS)に制限されています。

 

しかし、プライベートに少ないノード数で実行される『エンタープライズ・イーサリアム』では、トランザクション手数料(Gas料金)は無料または少額であり、最大400TPSで取引を実行することができます。

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンは、エンタープライズブロックチェーンのライバルか?

『XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンは、エンタープライズブロックチェーンのライバルか?』については、つぎのとおりです。

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンは、エンタープライズブロックチェーンのライバルか?

エンタープライズ・ブロックチェーンの種類:

くり返しになりますが、エンタープライズ・ブロックチェーンの種類として…、

  • ①ConsenSysQuorum
  • ②HyperledgerFablic
  • ③R3 Corda

これらの種類があります。

 

それぞれの仕組みとして、

ConsenSysQuorum:

エンタープライズイーサリアムの標準を管理する団体「ConsenSys」による、エンタープライズイーサリアムブロックチェーンです。

エンタープライズイーサリアム向けのクライアントである『Quorum(クオラム)』は、ConsenSysに買収され『GoQuorum』として運用されています。

  • 『Quorum(クオラム)』自体は、JPモルガンにより開発され、2020年の8月にConsenSysに売却されました。

HyoerledgerBesu:

JPモルガンからConsenSysへの「Quorum」の売却前には、ConsenSysは「HyperledgerBesu」と呼ばれる企業向けイーサリアムクライアントを開発していました。

2020年8月のQuorum売却後は、1つのイーサリアムクライアントとして『ConsensysQuorum』として運用されています。

 

Quorumの仕組み:

Quorumは、パブリック状態とプライベート状態を分離し、P2Pの暗号化されたP2Pのプライベートトランザクションを処理することで、データのプライバシーを提供しています。

技術的には、Quorumのプライベートデータはブロックチェーンには保管されず、ハッシュのみがQuorumブロックチェーンに保存されます。

※Quorumにもガス料金の概念はコードベースに残っていますが、事実上Quorumのガス料金は無料(フリーガス)です。

 

HyperledgerFabricの仕組み:

HyperledgerFabricは、2つ以上のネットワークメンバー間のプライベート通信を可能にする「ちぇねる」を介してデータプライバシーを実現するブロックチェーンです。

これらのチャネルアプローチでは、それぞれのプライバシー通信を確保するためのチャネル数が急速に増加するという運用上のおおきな課題があります。

※ソフトウェア開発会社のMonetaGoは、HyperledgerFabricからCordaへの移行を決定しています。

 

R3 Cordaの仕組み:

R3Cordaは、2014年に設立されたR3社によって作成された分散型元帳テクノロジーです。

Cordaでは知る必要がある場合にのみトランザクションを共有することにより、データのプライバシーに重点を置いています。

たとえば、100社の保険セクター企業が参加しているCordaネットワークがあるとして、保険ブローカーBが保険会社Nに代わって保険証券を販売する場合、この2つの当事者のみがその取引データにアクセスできます。

完全なデータベースは、Cordaノードに分割された非常に断片化された形式でのみ存在しますが、すべてのトランザクションにアクセスできる単一のノードはCordaネットワーク上にはありません。

Cordaには2つのバリアントがあり、個人および商用で無料で使用できるオープンソースバージョンと、CordaEnterpriseと呼ばれる、R3によって販売されているクローズドソースの有料バージョンがあります。

※※R3Cordaは、エンタープライズ向けに有料のブロックチェーンデータベースシステムを提供しています。

 

このように、エンタープライズ向けブロックチェーンには、それぞれ異なる特性があります。

 

※※Ripple社が開発する、XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーン※※

XRP元帳活用による、シームレスで効率的な資産決済・管理が可能であり、エンタープライズにおける『資産のトークン化・DeFi・証券NFT』といった分野において、活用できる可能性があります。

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーン:まとめ

このページで解説したとおり『XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーン』について、まとめると…、

 

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト
(EVM)サイドチェーン:まとめ

フェデレーション技術による、XRP元帳サイドチェーン:

XRP元帳イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)サイドチェーンは、Ripple社のチームにより開発されており、XRP元帳のフェデレーション・サイドチェーンとして実装される可能性が示唆されています。

低コストなDeFi・NFTの実現:

XRP元帳フェデレーション・サイドチェーンとしてイーサリアム・スマートコントラクト(EVM)元帳を導入することにより、低コストで効率的なXRP元帳決済に対応したイーサリアムDeFi・NFTが実現できる可能性があります。

許可制エンタープライズでの活用:

XRP元帳サイドチェーン向けに開発されている『イーサリアム・スマートコントラクト(EVM)元帳』は、許可制のエンタープライズ活用向けのDeFi元帳である可能性があります。

XRP元帳サイドチェーンとして許可制エンタープライズDeFi元帳を導入することにより、効率的な決済元帳としてのXRPの機能がさらに拡張されることになります。

 

このように…、

将来的にはXRP元帳イーサリアム・サイドチェーンを活用したRipple社ソリューションが提供される可能性があります。

 

このページで解説した内容

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

 

【仕組みと実例】フェデレーションサイドチェーンとは何か
【仕組みと実例】 フェデレーションサイドチェーンとは何か? このーページでは、シンプルに...、 フェデレーションサイドチェーンとは何か? その仕組みと実例 について、わかるように解説をおこないます。 Fed...
リップル:XRP元帳フェデレーションサイドチェーン戦略とは?
リップル:XRP元帳フェデレーション サイドチェーン戦略とは? このページでは、シンプルに...、 リップル:XRP元帳フェデレーション サイドチェーン戦略とは何か? について、わかるように解説をおこないます。 ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました