XRPの今後の将来性|2023

RippleXRP

XRPの今後の将来性

Q.XRPの今後の将来性は、どうなりますか?

A.価格については、だれにも分かりません。ただし、いくつかの分野で、XRPの価格に影響を与えうるイベントが予測できます。

  • RippleNetODLの利用拡大、および新システム
  • RippleNet≠XRP
  • XRP元帳Hooksの導入、NFT、SideChain
  • XRP元帳による、CBDC、トークン化資産

それぞれ、見ていきましょう。

RippleNetODLは、好調でしょうか?

A.足元でODLの利用量は拡大しています。

足元でODLの進捗

2022Q3~Q4あたりから、きれいに右肩上がりを継続しています。

また…、

A.2020-2025 で1つの目途を達成するか?

かの有名なEveris社の資料によれば…、2020-2025をめどに、Interledgerによる銀行間のプラットフォームを超えた相互運用性を達成予定です。

※2017年発表資料 Everis

Interledgerは、RippleNet(銀行)だけでなく、Mobile Money、CBDC、をふくむ、すべての元帳を相互に接続するためのプロトコルです。☟

RippleNetは、Interledgerにおける銀行間送金のための一部に過ぎません。

※計画は壮大ですが、達成するかどうかは、わかりません。

1つの目途として、2020-2025 が示唆されています。

RippleNetODLの進捗状況

  • 2017年8月、Ripple xCurrent xVia xRapid が発表
  • 2018年、xRapidが本格的に、商業運用
  • 2019年、名称をRippleNetODLに変更
  • 2020年、Line of Credit(LoC)を発表
  • 2021年、Liquidity Hub を発表
  • 2022年、ODL決済が40地域、RippleNetに機械学習を導入
⇨年単位でコツコツ進捗している。

ブレークスルーで、一気に拡大する可能性
※破壊的イノベーション理論(吉川絵美さん)

2017年にxRapid開始したことを考えると、2022年まで5年かけて、じわじわと伸びてきた形。( 一一)<思ってたより遅い)(※期待のしすぎ

2025年まで、あと3年ある。

SEC裁判終結後、その後3年で見える景色が変わるかどうか?
注目度は高い

ODLの拡大状況を

RippleNet≠XRP

RippleNetだからと言って、かならずしもXRPではない。

RippleNet≠XRP

  • RippleNetは、XRP元帳に依らない、分散ネットワーク
  • なんでもかんでも、XRPを使うワケではない
  • XRPは、あくまで「流動性ソリューション」の位置づけ
⇨XRPが必要なら、XRPを活用する
XRPが必要になるのは、流動性の部分

流動性を解決Settleするベースが、XRP。それ以外、クリアリング部分では、XRP元帳メインネットはかならずしも(無理に)組み込むことはない。

XRP元帳はなくとも、デジタル資産(トークン)は発行できる。

決済の流動性に、XRPは活用される。

RippleNetの新システム

2017年時点の認識では、RippleNetは「XRP元帳による決済」が将来的に導入される。と記載がありました。☟

RippleNetの流動性ソリューションの鍵は”デジタル資産XRP”です。

2023年以降、さらにシステムは洗練されていくはずです。

Crypto Liquidity Hub:流動性ハブ

Crypto Liquidiy Hub:流動性ハブ は、2021年に発表された、Ripple社のあたらしいソリューションです。

Crypto Liquidity Hub 流動性ハブ

  • 暗号資産を、トークン化(XRP元帳?)
  • 将来的に、イールドを提供する
⇨XRP元帳AMMを活用、または独自システムか?

Liquidity Hub それ自体は、企業があんぜんに暗号資産の取引・保管をできるようにする、”次世代ウォレット型”のソリューションです。

その背後では、XRP元帳AMMが活用されるかもしれません。

XRP元帳AMM:ゲームチェンジャー

XRP元帳AMMは、XRP元帳上の資産トークンとXRPでプールを作ることにより、効率よく十分な厚みの為替流動性を提供するものです。

現在、Ripple社のチームにより開発が進められています。

XRP元帳Hooks、NFT、SideChain

SideChainは、思っていたものと少し違いました。資産をXRP元帳からブリッジするための手間がかかります。

Wrapped Token 、連邦制合意システムによる、ラップドトークンですね。

NFTは、どうなるか分かりません。

Hooksは、XRP元帳の非EVMスマコンです。
意図的にチューリング完全ではありません。

これは、おもしろいかもしれません。

XRP元帳CBDC、トークン化資産

CBDC、トークン化資産でXRP元帳を使う余地は十分にあります。

ただし、CBDCはプライベート元帳です。

エンタープライズの分散型システムは、XRP元帳よりも複雑です。XRP元帳ほどシンプルではなく、もっと練り込まれていると考えるべきです。

XRPの今後の将来性 2023|まとめ

今後~2025年にかけて、

  • 1.RippleNetODLの採用は、指数関数的加速を見れるか?
  • 2.Ripple vs SEC 裁判の行方(2023年3月までに決着を)
  • 3.XRP元帳AMM(自動マーケットメイク)の実装

 

足元でODLの進捗

ODL関連売上合計購入純売上高
2022Q32,819.632,508.95310.68
2022Q22,125.921,717.02408.90
2022Q11,354.291,081.02273.27
2021Q41,039.04321.97717.07
2021Q3491.740.0491.74
2021Q2157.920.0157.92
2021Q1150.340.0150.34
2020Q4111.1234.8576.27
2020Q381.3945.5535.84
2020Q232.550.032.55
2020Q11.750.01.75
2019Q413.080.013.08
2019Q350.1216.12(プログラム販売)66.24
2019Q2106.87144.64(プログラム販売)251.51
2019Q161.93107.49(プログラム販売)169.42
2018Q440.1588.88(プログラム販売)129.03
2018Q398.0665.27(プログラム販売)163.33
2018Q216.8756.66(プログラム販売)73.53
2018Q116.60151.10(プログラム販売)167.70
2017Q4xRapid パイロットテスト中

(dollars in millions)

美しい右肩あがりの成長です。

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

RippleXRP
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました