労働者は搾取されている→その理由は3つ【搾取されない方法は2つ】

世の中の仕組み

労働者は搾取されている
→その理由は3つある

【搾取されない方法は2つ】

 

労働者は巧妙に搾取されています
その仕組み・理由は3つあります。

 

このページでは「労働者が搾取されている仕組み・理由」とともに「搾取されない方法・やり方」についても、わかるように解説をおこないます。

 

このページで解決する疑問

労働搾取が知りたい人「労働者が搾取されているのは本当でしょうか?本当だとすれば、その搾取の仕組み・理由が知りたいです。搾取されないためにはどうすればいいですか?」

こういった疑問にお答えします。

 

労働者が搾取されている仕組み・理由は3つある

  • 働きたくないのに、働かされる(労働という道しか選べない洗脳)
  • 世の中はピラミッド型です(法治国家という建前)
  • 株主・資本家は、何もせずに自由に暮らす

それぞれ、わかるように解説をおこないます。

労働者が搾取されている仕組み・理由3つ

「労働者が搾取されている仕組み・理由3つ」として、次のとおりです。

1.働きたくないのに、働かされる(労働という道しか選べない洗脳)

まず第一として、日本の学校教育・義務教育は、小学生~中学生で9年間あります。

学校教育・義務教育は
労働者を生みだす巧妙な洗脳です。

日本の学校教育で教えている内容として…、

  • ①自分の頭で考えるな。
  • ②失敗をさけろ、挑戦するな。
  • ③決められたとおりに、ルールに従え。
  • ④上司(先生)に逆らうな、命令に素直に従え。
  • ⑤ルールに疑問を持つな。真面目に働け。

 

世の中の右も左もわからない、6歳の小学生から、
16歳になる中学卒業まで9年間も続けて…、

「自分の頭で考えるな。」
「無駄な挑戦するな。」

「決められたとおりに真面目に働け。」

こんな洗脳をされているのが、日本の学校教育です。

真面目に言うことを聞く
ロボットのような労働者を作り出すための教育です。

 

→「自分は、就職するしかないんだ」
「それが正しい」と、思い込まされています。

 

6歳のころからそんなことを言われ続けたら、
ほとんどの人は「それが正しい」と思い込んでしまいます。

  • 挑戦しないのが正しい
  • 言われた通りにやるのが正しい
  • 命令・指示に逆らわないのが正しい
  • ルールに疑問を持たないのが正しい

こんなの、あきらかにおかしいですよね。(笑)
正しいわけがない。

 

それなのに、6歳~16歳までみっちり義務教育で教え込まれると、
集団心理で「それが常識だから」と言われて抵抗できない。

 

労働者から抜け出す方法も、教えてもらえない。

これで、一生会社のために都合よく働き続ける”労働者”の出来上がりです。

これは、GHQ支配以降の教育改革で日本人に仕掛けられた罠です。

権力者の都合のいい人間を作り出すための教育です。

 

技術者としての知識を身につけさせつつ、
素直に命令に従う人間を作り出す。
という政府・権力者の魂胆が見え透いていますね。

 

2.世の中はピラミッド型です(法治国家という建前)

現代の世の中は、一部の権力者・投資家・資本家だけが得をする、都合のいいピラミッド構造をとります。

 

  • 労働者は会社の利益を生みだす(1日8~12時間働く)
  • 投資家・資本家は、まったく働かずに利益を得る

これはおかしいとは思いませんか?

⇩  ⇩  ⇩

世の中のしくみ

学校教育で「①ルールに従え」「②真面目にはたらけ」「③疑問を持つな、反抗するな」と教え込まれた労働者は、一生会社の言いなりです。

何もしていない投資家・資本家のために、労働者が利益を搾取されています。

世の中のルールは不平等です。

投資家・資本家の都合のいいルールが決められています。

 

それなのに、学校教育では「①ルールに従え」「②疑問を持つな」「③まじめに働け」→そうするしかないんだ。と思い込まされています。

疑問をもてば、村八分(むらはちぶ)にされます。

 

なぜなら、あなたが疑問を持って行動をすると…、

  • レールを外れた人
  • あたまがおかしい
  • 常識はずれ

このように、外部から”不都合なレッテル”を貼られてしまうからです。

 

集団心理による「常識」という幻想

義務教育では、国民全員に同じ価値観を埋め込むことが目的です。「常識」という共同幻想を作りあげることで、いかに理不尽な状況でも「それが常識だから」で思考停止させています。

世の中のルールを決めているのは、資本家・権力者であり、一般大衆・労働者はルールの中で大人しく利益を搾取され続ける運命です。

 

※そこから抜け出す方法は、後述します。

3.株主・資本家は、何もせずに自由に暮らす

株主・資本家は、ピラミッドの上側で遊びまくりの人生を送ります。

労働者は1日8時間~12時間働きますが、資本家は働きません。

毎日旅行に行き、おいしいものを食べ、やりたい放題の人生を送ります。

なぜなら、働かなくても死ぬほどお金があるからです。

労働者は、資本家に搾取されています。

 

労働搾取から抜け出す方法2つ

世の中の資本主義ピラミッド構造がある限り、「労働者になれ!」「就職するしか道はないぞ!」と思い込まされた大衆は搾取され続けます。

  • 「自分の頭で考えるな」
  • 「ルールに疑問を持つな」

というのは、都合のいい労働者を生みだすための詭弁(きべん)です。

 

真面目な人間ほど
損をする世の中です。

 

では、あなたが労働搾取から抜け出すには、
どうすればいいでしょうか?

 

労働搾取から抜け出す方法2つ:

  • 失敗を恐れずに、自分で考えて行動する
  • 投資・ビジネスから、お金を得る

それぞれ、みていきましょう。

 

1.失敗を恐れずに、自分で考えて行動する

権力者が恐れているのは、自分で考えて行動する人間です。

ルールに従わず、既得権益に盾突くような人間を一番恐れています。

 

学校教育では「ルールを守れ」「決められたとおりにやれ」「失敗するな」と教え込まれています。

しかし、労働搾取を抜け出すには「失敗を恐れずに、行動する」のが一番の解決策です。

労働者を抜け出すのが
いちばん手っ取り早いです。

 

2.投資・ビジネスから、お金を得る

投資・ビジネスでお金を得るのは、ぶっちゃけ難しい事ではありません。

やろうと思えば誰でもできることです。

 

投資のやり方:

  • ①投資口座を作る
  • ②お金を用意する
  • ③投資先を調べる
  • ④お金を投資する

だれでも簡単にできることです。

 

ビジネスのやり方(一例):

  • ①ブログを作る
  • ②TikTokを収益化する
  • ③YouTubeで配信する
  • ④月額ファンクラブを運営する

慣れれば、意外と稼ぐことができます。

 

しかし、ほとんどの人間は、学校教育で「労働者のかんがえ方」を埋め込まれてしまっています。

 

「投資家・経営者」の考え方は…、

「リスクを取る」「失敗を恐れない」「他人と違うことをする」

 

「労働者」の考え方は…、

「リスクを避ける」「失敗をさける」「ルール通りに行動する」

 

学校教育で教えられるのは「労働者」としてのルールです。

考え方がまったく違います
ほとんど正反対の考え方を埋め込まれています。

 

 

投資・ビジネスでお金を稼ぐ方法○つ

労働搾取から抜け出すことができます。

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

世の中の仕組み
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました