流動性トークン(LPトークン)とは何か?【仕組みを解説】

DeFi

流動性トークン(LPトークン)とは何か?
【仕組みを解説】

 

このページでは、シンプルに…、
流動性トークン(LPトークン)とは何か?
について、わかるように解説をおこないます。

 

流動性トークン(LPトークン)とは何か?

『分散型金融:DeFi』において、流動性マイニングをおこなう流動性プロバイダーが、AMM市場に流動性を提供したときに、その割合に応じて発行されるトークン。

  • ①『分散型金融:DeFi』で、50/50の比率で資産をロックする
  • ②その代わりに『LPトークン』を、受け取る
  • ③『LPトークン』を償還、または譲渡・売却できる

 

このように、『流動性トークン(LPトークン)』は、DeFiの流動性プールに通貨ペアを預け入れた際に発行されるトークンであり、

  • 選択肢①:一定期間が経過してから、『預入元本+利益』を償還する
  • 選択肢②:流動性トークンそれ自体を、市場で売買する

この2つの選択肢があります。

 

このページでは、『流動性トークン(LPトークン)』について、さらにわかるように解説をおこないます。

 

このページで解説する内容

 

それぞれ、見ていきましょう。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

※もくじから、一覧を確認できます。

⇩ ⇩ ⇩

流動性トークン(LPトークン)とは何か?

『流動性トークン(LPトークン)とは何か?』と言えば、次のとおりです。

 

流動性トークンの発行・受け取り方:

『流動性トークン(LPトークン)の発行・受け取り方』としては、つぎのとおりです。

 

流動性トークンの発行・受け取り方:

  • ①流動性マイニングにより、50/50の比率で資産をロックする
  • ②その預かり証として『流動性トークン(LPトークン)』を、受け取ることができる

 

このように、『流動性トークン』はDeFi:分散型金融プラットフォームの『流動性マイニング』において、50/50の比率で資産をロックした際に、

その割合におうじて受け取ることができる『預かり証トークン』です。

 

受け取った『流動性トークン』自体を売買することもできますし、償還して「預け入れ資産+手数料収益」を引き出すこともできます。

 

流動性トークンの売買・償還:

『流動性トークン(LPトークン)の売買・償還』として、つぎのとおりです。

 

流動性トークンの売買・償還:

  • 選択肢1:一定期間が経過したのち「預入資産+手数料収益」と引き換えに償還する
  • 選択肢2:流動性トークン(LPトークン)それ自体を、資産として売買する

 

このように、流動性トークン(LPトークン)は、流動性マイニングで預け入れた資産の『預かり証』として機能しており、それぞれ

『2つの選択肢』があります。

 

※ただし、預入資産通貨ペアの価格変動により、引き出し時の資産比率と預入時の資産比率には違いがあります。(→評価額で50/50になる)

 

流動性トークン(LPトークン)は、流動性プールへの預け入れ資産におうじて発行される預かり証トークンです。

 

『流動性トークン』と『ガバナンストークン』の違い

『流動性トークン』と『ガバナンストークン』には違いがあり、つぎのとおりです。

 

『流動性トークン』と
『ガバナンストークン』の違い:

流動性トークン:

  • 『流動性マイニング』で、50/50の比率で資産をロックすることにより発行される”預かり証”としての意味合いが強いトークン。

ガバナンストークン:

  • 『イールドファーミング/流動性マイニング』で、金利として受け取ることができる、プラットフォームの独自トークン。

 

『ガバナンストークン』は、DeFi – プラットフォームの独自トークンであり、より多く保有することで、プラットフォームのガバナンス投票に影響力をもつことができます。

 

『流動性トークン(LPトークン)』は、流動性マイニングの”預かり証”としての意味合いが強く、預け入れた通貨ペアにおうじて発行されます。

 

『流動性トークン』による、イールドファーミング

『流動性トークン(LPトークン)による、イールドファーミング』としては、つぎのとおりです。

 

流動性トークンによる
イールドファーミング:

  • ①流動性マイニングに50/50の比率で資産をロックする
  • ②流動性トークン(LPトークン)を受け取る
  • ③受け取った流動性トークンを、ステーキングプールにロックする
  • ④ガバナンストークンを受け取る

 

このように、DeFi:分散型金融プラットフォームにおいては、受け取った『流動性トークン(LPトークン)』をステーキングプールにロックすることで、

ガバナンストークンをステーキングすることができます。

 

これを、『イールドファーミング』と呼びます

(※イールド = 金利、ファーミング = 耕す)

 

これにより…、

  • ①『流動性トークン(LPトークン)』で利息と手数料を得つつ、
  • ②『イールドファーミング』でガバナンストークンを獲得できる

このように、手数料と金利の2重の利回りを得ることができます。

 

流動性トークン(LPトークン):まとめ

このページで解説してきたとおり…、

 

流動性トークン(LPトークン):まとめ

流動性トークンとは何か?:

  • 『流動性マイニング』で、DeFiプラットフォームに50/50の比率で資産をロックすることにより、発行される”預かり証”としての意味合いが強いトークン。

流動性トークンの売買・償還:

『流動性トークン(LPトークン)』は、

  • ①それ自体を市場で売買することもでき、または
  • ②任意のタイミングで「預入資産+手数料収入」に償還することもできる。

流動性トークンによる、イールドファーミング:

  • DeFiプラットフォームでは、流動性トークンをステーキングプールにロックすることで、さらにガバナンストークンによる利益を得ることができる。

 

このような内容について、わかるように解説をおこないました。

 

このページで解説した内容

 

また、

『流動性トークン(LPトークン)』は、流動性マイニングと深い関連性があります。

 

流動性マイニングとイールドファーミングの違いとは?【リスク危険性】
流動性マイニングと イールドファーミングの違いとは? 【そのリスクと危険性】 このページでは、シンプルに...、 流動性マイニングとイールドファーミングの違い そのリスクと危険性 について、わかるように解説をおこないます。 ...

 

『流動性マイニングとイールドファーミングの違い』については、こちらのリンク先ページをご覧ください。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

DeFi投資
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました