Ripple社のライバル・競合【VISAB2B、SWIFTgpi、CBDC】

RippleXRP

Ripple社のライバル・競合
【VISAB2B、SWIFTgpi、CBDC】

このページでは、シンプルに…、
Ripple社のライバル・競合
VisaB2B、SWIFTgpi、CBDC、など
について、わかりやすく解説をおこないます。

 

このページで解説する内容として…、

それぞれ、順番に解説をおこないます。

 

※Volante 2021/7/30

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!趣味のブログを更新中です。

 

このページをご覧になるあなたは、
「Ripple社のライバル・競合」がハッキリと理解できるようになります。

※もくじから、一覧を確認できます。

⇩ ⇩ ⇩

Ripple社のライバル・競合【VISAB2B、SWIFTgpi、CBDC】

コルレス銀行による従来の送金方法では…、

✓従来送金の問題点

  • ①低速で、時間がかかる
  • ②手数料が、たかい
  • ③送金に、失敗する

この3つの問題点があります。

 

これを改善するために、銀行は下記を採用できます。

✓改善できるソリューション

  • ①SWIFTgpi
  • ②Ripple
  • ③Visa B2B
  • ④Visa Direct
  • ⑤Mastercard Send

これらの5つの主要なソリューションがあります。

 

銀行は、適切なサービスミックス技術アプローチを選択することが重要になります。

 

それぞれ、見ていきましょう。

1.SWIFTgpi

SWIFTgpiは、従来モデルの仲介銀行を利用します。

 

SWIFTgpiの特徴として…、

✓SWIFTgpiの特徴

  • ①ほぼリアルタイムの決済
  • ②支払いの追跡

この2つがあります。

 

SWIFTgpiの送金では…、

  • 支払いの92%は24時間以内に完了する
  • 支払いの40%は30分以内にクレジットされる

さらに…、

  • データを失うことがない
  • 取引手数料の可視性を提供する

 

このような特徴により…、

銀行がエンドツーエンドの取引監視を実現することに役立ちます。

 

さらに、

  • ①リアルタイム送金、SWIFTGoのリリース
  • ②開発者向けのAPIエコシステムの構築

このように、

従来のコルレス銀行モデルの欠点に対処するために、迅速にプロジェクトが進行しています。

 

2.RippleNet

RippleNetは、分散元帳ベースの即時決済メカニズムです。

 

RippleNetの特徴として…、

✓RippleNetの特徴

  • ①銀行は、より高速で費用対効果の高いメカニズムを利用できる
  • 銀行とその法人顧客は、最新の決済アーキテクチャにより、資金移動コストを削減したほぼリアルタイム決済を利用できる。

この2つがあります。

 

ブロックチェーンの活用により…、

  • 従来のコルレス銀行モデルでは提供できない透明性、セキュリティ および 速度

を提供します。

 

さらに…、

カード番号や仲介銀行に依存することなく、リアルタイムに支払いを決済することができます。

 

3.4.MastercardSendとVisaB2B

クレジットカードネットワークは、

✓クレジットカードネットワークの特徴

  • ①市場への浸透度と成熟度が高い
  • ②買収を通じ、支払い機能を拡張している

という特徴があります。

 

MastercardSend

MastercardSendの特徴として…、

✓MastercardSendの特徴

  • ①リアルタイムの個人決済で、ほぼ瞬時にウォレットにトランザクションを送信することができる。
  • ②銀行・企業・デジタルウォレットとの提携により、銀行口座にお金を届けることができる。

この2つの特徴があります。

 

さらに…、

  • プレペイドデビットカード
  • モバイルウォレット
  • 一部のATM出金

この3つの場合には、銀行のACHシステムに依存しないため、銀行のルーティング番号や口座番号を必要としません。

 

VisaB2B

VisaB2Bの特徴として…、

✓VisaB2Bの特徴

  • ①既存システムの複雑さとコストを簡素化する
  • ②支払いをリアルタイムで迅速に移動できる
  • ③必要な調整とコンプライアンスが確認できる

この3つの特徴により、キャッシュフローの改善に役立ちます。

 

ただし…、

VisaB2BConnectは、まだ本格始動していません。

 

5.暗号資産による支払い

暗号資産は、当初から支払いのために利用されています。

特に、PayPalによるサポートなど、国境を越えた通販の支払いに暗号資産が利用されることがあります。

ここ数年で、支払いのために暗号資産をサポートする企業が増えてきています。

 

6.中央銀行デジタル通貨(CBDC)

中央銀行デジタル資産(CBDC)とは…、

  • 支払いとFX決済が、CBDC元帳によりおこなわれる

これを意味しています。

 

国際送金にCBDCを活用することにより…、

  • 仲介チェーンの簡素化
  • スピードの向上
  • コストの削減

これらの役に立つ可能性があります。

 

ただし…、

中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、現在のところ”研究段階”です。

 

まとめ

銀行システムのベンダーとテクノロジーソリューションプロバイダーは、SaaSとして単一のAPIによるクラウドベースの国際送金サービスを提供できるようにしています。※Volante 2021/7/30

 

たとえば…、

  • Volante
  • Finastra
  • Earthport
  • ACI WorldWire
  • など

 

銀行は、これらの決済ネットワークから最適な方法を選択することができます。

 

Visa決済ネットワークの拡大・買収

Visa決済ネットワークの拡大・買収として、つぎのとおりです。

 

✓Visa決済ネットワークの拡大・買収

  • MoneyGramとVisaの提携:MoneyGramユーザーは、VisaDirectで送金できる ※2019年9月
  • VisaがVerifiを買収:決済保護ソリューション※2019年9月
  • VisaがEarthportを買収:Earthportの買収により、多くの銀行とその企業顧客はVisaネットワークで決済できるようになります ※2019年5月
  • VisaがTinkを買収:ヨーロッパのオープンバンキングプラットフォーム(データアグリゲーター)※2021年6月
  • VisaがCurrencyCludを買収 7億ドルAPI接続とマルチ通貨ウォレット仮想口座管理による、国際決済のSaaS※2021年12月

このように、大規模な買収をおこなっています。

 

これらの買収により…、

  • ①Visaネットワークの利用拡大
  • ②組み込み金融分野への進出
  • ③Visaネットワークの機能拡張

この3つがおこなわれています。

 

Visaネットワークは、既存の顧客に新たなサービスを提供できるようになります。

 

 

RippleNetと比較すると、

  • RippleNet…金融・財務業界のAmazonをつくろうとしている
  • Visa…FacebookによるInstagramの買収に似ている

現在のところ、こういった印象です。

 

特にRippleNetは東南アジア・MENA地域において主要な採用を迎えており、決済インフラの根本部分で機能改善をおこなっています。

Visaは、決済業界全体のパワーバランスの変化に対応して、事業を拡張している印象があります。

※筆者の個人的な見解です。

 

≫RippleNet4つの利点≪

Visa B2B と Visa Direct

Visa B2B Connect と Visa Direct について、それぞれ解説します。

VisaB2B Connect

Visa B2B Connectは、DLT技術を用いた国際決済ネットワークです。

※現在、サンドボックス環境でテスト中のソリューションです。北米でのみ利用可能

 

✓Visa B2B Connect 4つのAPI

  • BankAPI:参加銀行が、銀行プロファイル情報と設定を取得し、現在のネット決済ポジションを検索できる
  • CompanyAPI:銀行の顧客である企業が、VisaB2BConnectを利用できるようになる
  • PaymentsAPI:参加銀行が支払いを開始し、外国為替レートや支払い状況を確認できる
  • ReferenceDetaAPI:Visaブロックされた国を表示し、システムレベルのトランザクション制限を確認できる。企業顧客の利用可能な支払いと、業界分類コードを取得できる

 

これらのVisaB2BConnectプロジェクトは…、

まだ試験運用段階であり、今後ボツになる可能性があります。

 

Visa Direct

VisaDirectは、Visaの決済ネットワークを介して支払いのルーティングをおこないます。

カードアカウント、または銀行口座で資金を受けとることができます。

 

具体的には…、

  • 宅配受取りの支払い
  • 労働者の賃金の支払い
  • 保険の定期支払い

こういった用途で活用されています。

 

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!趣味のブログを更新中です。

 

MasterCardの暗号戦略

MasterCardの暗号戦略として、つぎのとおりです。

  • 89のブロックチェーン特許を取得済み、さらに出願中
  • CBDCテストプラットフォームを公開

 

RippleODLのしくみ/ODL特許

Ripple社は『オンデマンド流動性(ODL)のしくみ』に関する特許を取得しています。2021/01/26:U.S.patent No.10,902,416

 

その内容として…、

✓RippleODLの特許・しくみ

  • デジタル通貨クライアントプールをもちいて、偏差を修正するしくみ
  • これにより、保証された為替レートを提供する

さらに…、

  • 取引所用の『アカウントアダプタ』により、取引所がダウン(ハッキング、アップデート、メンテナンスなど)を検知し、取引の失敗を防ぎます

さらに…、

  • 『大規模なマスター注文』は、より小さなサブ注文に分割することで、クライアントプールの国家つを防ぐことができます。

さらに…、

  • 『注文管理エンジン』は、大規模の反復的で複雑なクロス取引注文を 整理・ラベル付け・管理 し、マスターオーダーを調整できます。

さらに…、

  • 『デジタル通貨のローカルプール』として、デジタル通貨ウォレットを保有できます。(※たとえば、Ripple社などびサードパーティによる”クラウド(SaaS)”を介して、デジタル資産ウォレットを保持できます。)
  • このデジタルウォレットは、RippleODLシステムが管理することができます。

 

つまり…、

  • 小口取引は、クライアントプールにより偏差を調整して、保証された為替レートでほぼリアルタイム決済を可能にすることができる
  • 大口取引(大規模で反復的な取引)は、『デジタル資産ウォレット』により必要な流動性を調達し、為替レートを参照してウォレット間で取引をおこなうことができる。(サブ注文は、戦略的にランダムに実行することができる)

 

機能の説明として…、

  • 『為替管理エンジン』は、法定通貨/デジタル資産の合成による為替レートを提供することができる。これは、宛先通貨の予測やボラティリティにもとづいて決定されます。
  • 送信されるデジタル資産が「保証された為替レート」よりも多い、または少ない場合には、クライアントプールから偏差を補充することができます。

 

さらに、変形例では…、

  • スリッページプールを設定することで、閾値をこえた滑り量を、そこから補充することができます。(たとえば、2週間ごとに使用するバランスに応じて、スリッページバランスを設定することができます。)
  • さらに、スリッページプールを使い切った後で、最終的にクライアントプールから偏差を補充することもできます。

さらに…、

  • 『クレジット機関』では、クレジット取引を決済することができます。
  • 『クレジット機関』上にノストロ口座を持つことで、クレジット上の取引金額と同額をデジタル通貨でウォレットからウォレットに転送して決済することができます。

これにより…、

  • ODLを活用する特定のユーザーは、完全に取引所をバイパスして決済することができ、これにより取引が高速化、ボラティリティの影響を低減することができる。
  • つまり、ODLは、取引所により提供されるオンデマンド流動性を、ホットウォレット上の資金移動に置き換えることができます。

この場合…、

  • 『取引所』はクライアントの現金および流動性管理のため財務管理エンティティとして利用することができます。(各顧客は流動性リスク、市場リスク、信用リスクを自己管理することができます。)

このように…、

  • クライアントは自身で、暗号通貨のリスクエクスポージャー、流動性を設定し、それに応じて取引所で手動または自動でローカル通貨への変換をおこない、独自のリスク許容度を構成できます。
  • したがって、より多くの流動性が必要な場合には、クライアントは取引所で暗号通貨に変換し、より少ないボラティリティリスクが必要な場合には、ローカル通貨に変換できます。

 

RippleODL特許の考察

 

特許の枠組みとしては…、

  • 暗号資産と法定通貨の取引所をネットワークし、為替レートを取得して事前の保証レートで決済をおこなうしくみ(ODL)の特許。
  • サードパーティの為替レートを参照し、直接、ウォレット間のデジタル資産送金で決済をおこなう方法も含まれる。

 

その仕組みとしては…、

  • クライアントプール、スリッページプールから、保証された価格レートの偏差を調整する。
  • サードパーティの価格を参照して、ウォレットでデジタル資産決済をおこない、取引所で必要な流動性を調達する。

 

こういった感じですね。

 

スマートオラクルによる契約の自動化

Ripple社の特許

  • 特定の条件の結果がしきい値を超えた場合に、コントラクトが実行されるしくみ

たとえば…、

  • 『オプション契約』として、条件を達成することで契約が自動的に履行されるしくみをつくることができます

それ以外にも…、

  • どんな形であれ、何かの条件を検知し、それが達成された場合に、コントラクトを実行するしくみを構築することができます。

 

 

MasterCard CBDC戦略と解説

MasterCard社は、何年にもわたり中央銀行とCBDCについて対話をかさねています。

 

CBDC、5つの重要項目

CBDC、5つの重要項目として、次のとおりです。※MasterCard

✓CBDC、5つの重要項目

 

  • 1.1層構造と2層構造

 

 

1.1層構造と2層構造

CBDCの発行形態には、つぎの2つがあります。

  • 1層構造:中央銀行が直接、CBDCの発行、および流通と管理をおこなう
  • 2層構造:中央銀行はCBDCを発行し、流通と管理を民間部門にまかせる

この2種類があります。

 

MasterCard社の見解では、2層構造では民間部門の競争を利用して新製品を作成するため、より良いアプローチです。

 

2.直接発行と合成発行

CBDCの発行には、つぎの2つがあります。

  • 直接発行:中央銀行が、CBDCの発行・決済プラットフォームを直接提供する
  • 合成発行:中央銀行が、ステーブルコインを発行する民間企業と提携する。企業は、準備金を中央銀行に預け入れる
    ※国際通貨基金が提案している方法

このように2つの方法があります。

 

このように…、

リソースと技術的能力が限られている中央銀行の場合には、民間企業と提携する「合成発行」が優れている可能性があります。

 

3.口座方式とトークン方式

CBDCの発行には、つぎの2つの方式があります。

  • 口座方式:従来どおり、銀行口座のようなウォレットでCBDCを管理する
  • トークン方式:物理的な現金のように、口座をもたずに個別のトークンとしてCBDCを運用する

このように、2つの方式があります。

 

技術的にはより挑戦的ですが、『トークン方式』はより革新的なアプローチです。

 

トークン方式では…、

  • オフラインでのトランザクションが可能
  • 取引内容は、取引の当事者のみが知っている

この2つが可能になります。

 

ただし、トークン方式には盗難や詐欺のリスクがあり、口座方式よりも安全性が低くなります。

 

この2つの方式のどちらが優れているか?に答えはありません。

 

4.プライバシーとコンプライアンス

CBDCでは、政治的・社会的にプライバシーが問題となる可能性があります。

 

現地の法律に従い、消費者データを保護するCBDCプロジェクトを推進する必要があります。

 

5.国内決済と国際決済

理想的には、お金は世界中を迅速でスムーズに移動する必要があります。

 

一部の研究では、複数の国のCBDCを相互接続することで、国際決済のリスクとコストを削減できると推測しています。

 

ただし、国境を越えたCBDC決済には、いうまでもなく2国間の多大な協力と信頼が必要です。

 

ですから…、

短期的におおくの国境を越えたCBDCが稼働することは期待できません。

 

とは言え、それを探求する価値はあります。

 

補足:MasterCardの特許は、CBDCで報われる

※Coindesk

MastreCardのマイケル・ミーバック(Miebach)社長は、CBDCがデビューすると、『MasterCardの特許群が優位に立つ』と述べました。

(※2021年Q3決算説明会)

MadterCard社は、暗号資産関連で89の特許を持ち、さらに285の特許を出願中です。※2021/07/20

 

 

現実世界でのブロックチェーンの活用事例

※forbs BlockChain50

 

  • CityGroup:貿易金融ブロックチェーンKomgoにより、信用状をデジタル発行しました。
    また、AxoniのAxcoreブロックチェーンにより、エクイティスワップデリバティブ契約のマッチングと調整を自動化していまます。※詳細

 

 

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!趣味のブログを更新中です。

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

RippleXRP投資
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました