XangeがXRP元帳上にカーボンクレジットを発行【国連開発システム】

News

Xange.comがXRP元帳上に
カーボンクレジットを発行【国連開発システム】

 

このページでは、シンプルに…、
Xange.comがXRP元帳上に
カーボンクレジットを発行
について、わかりやすく解説をおこないます。

 

Xange.comとは?:

Xange.comは、国連開発システム(UNDS)と協力して、持続可能な開発目標(SDGs)の社会的な基準を満たす企業向けに、カーボンクレジットやグリーンボンドの証券取引所を設立・管理しています。

 

Xange.comは、XRP元帳上にカーボンクレジットの発行をおこないます。

 

このページでは、Xange.comによるXRP元帳上カーボンクレジットの発行について、わかるように解説をおこないます。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!趣味のブログを更新中です。

※もくじから、一覧を確認できます。

⇩ ⇩ ⇩

Xange.comが、XRP元帳上にカーボンクレジットを発行【国連開発システム】

Xange.comは国連開発システム(UNDS)と協力し、持続可能な開発目標(SDGs)を達成する企業に向けて

「カーボンクレジット・グリーンボンド・SDGプロジェクト」などのトークン発行・管理のためのインフラストラクチャを提供します。

 

つまり…、

簡単に言えば Xange.com は SDGs に関連する トークン・債権・投資信託 のための証券取引所です。

 

Xange.comが、XRP元帳上にカーボンクレジットを発行について、わかりやすくまとめると次のとおりです。

 

Xange.comが、XRP元帳上に
カーボンクレジットを発行:

 

それぞれ、見ていきましょう。

 

Xango.comとは何か?

Xango.comとは何か?といえば、つぎのとおりです。

 

Xango.comとは何か?:

  • 持続可能な開発目標(SGDs)の社会的責任をはたす企業に向けて、カーボンクレジット・グリーンボンドなどの 発行・売買・管理 を提供する
  • 国連開発システム(UNDS)と協力している

 

このように、Xango.comは 国連開発システム(UNDS)と協力しつつ、SDGsに沿ったテクノロジーソリューションを提供しています。

 

簡単に言えば…、

SDGsに関連する トークン・債券・投資信託 を発行・取引・管理するための証券取引所になります。

 

Xange.comが手掛けるプロジェクト

Xange.comが手掛けるプロジェクトとしては、つぎのとおりです。

 

Xange.comが手掛けるプロジェクト:

①カーボンクレジット:国連の指導のもと、カーボンクレジット市場のインフラストラクチャサービスを確立します。

②グリーンボンド(債権):グリーンボンドは、太陽光・風力発電や、環境不動産など、環境改善に資する事業にたいして発行される債権のことです。

③SDGプロジェクト証券:国連開発計画(UNDS)の指導のもと、SDGに焦点をあてた証券取引所の設立を目指しています。

④グリーンファンド:Xange.comは、環境・社会に焦点をあてた投資信託をリストアップします。

 

このように、Xange.comは国連開発計画(UNDS)の指導のもと、SDGsに関連する トークン・債権・投資信託 の取引インフラストラクチャを構築しています。

 

この、カーボンクレジット発行・取引のためのプラットフォームとして、XRP元帳が採用されることになります。※2

 

カーボンクレジットとは何か?

Xange.comは、XRP元帳上にカーボンクレジットを発行します。

 

カーボンクレジットとは:

カーボンクレジットを購入することで、それを保有する企業が1クレジットあたり1トンの二酸化炭素排出を許可される制度のこと。

温室効果ガス(GHG)を大気中から排出したり、排出物が放出されないようにするプロジェクトにより、炭素クレジットが生成されます。

 

カーボンクレジットのしくみについては、上記のとおり。

 

国連開発システム(UNDS)と協力する Xange.com は、カーボンニュートラルなブロックチェーンである”XRP元帳”を活用します。

 

XRP元帳には、SideChainにより許可制のプライベート元帳を構築することができます。

 

XRP元帳上に、カーボンクレジットの発行・取引用インフラストラクチャを構築します。

 

プロジェクト内容:グレートグリーンウォール

グレートグリーンウォール
イニシアチブ

Xange.comがXRP元帳上に構築するカーボンクレジットインフラストラクチャは、アフリカのグレートグリーンウォールイニシアチブに関連しています。※2

 

グレートグリーンウォールイニシアチブは、アフリカ主導の運動であり、アフリカ全土に8000kmの森林(グレートグリーンウォール)を生み出すプロジェクトです。

 

2007年にプロジェクトがスタートし、約15%が進行中です。

 

このプロジェクトによって生み出される カーボンクレジット を、Xange.comのインフラストラクチャで扱えるようにする計画です。

 

XRP元帳が、活用される理由

カーボンネイティブだから

こちらは、ビットコイン、イーサリアム、XRPの、6,000万取引ごとの検証にかかる電力量をあらわした図です。

ポルトガルの年間の電力消費量(469.4億kWh)と比較しています。

 

XRP元帳では、非常に効率よく、取引を検証できるコンセンサスアルゴリズムを採用しており、ブロックチェーンでありながらカーボンネイティブです。

 

これにより…、

SDGs(持続可能な開発)をめざす Xange.com は、XRP元帳をトークン発行のためのインフラストラクチャとして採択しています。

 

IWA(InterWork Aliance)の基準に準拠

「トークン化されたカーボンクレジット」の業界ワーキンググループとして…、

 

グローバルブロックチェーンビジネス(GBBC)
InterWork Aliance(IWA) があります。

 

※IWAは、グローバルなDLTトークンの相互運用性・標準化のためのワーキンググループです。

 

※また、Xange.comはカーボン市場自主的スケーリングタスクフォース(TSVCM:Taskforce on Scaling Voluntary Carbon Markets)のメンバーです。

 

このように…、

Xange.comのXRP元帳によるプラットフォームは、IWAのDLTトークン標準に準拠しています。

 

Xange.com XRP元帳活用:まとめ

ここまで解説してきた通り、Xange.comによるXRP元帳活用についてまとめると、次のとおりです。

 

Xange.com XRP元帳活用:まとめ

  • 1.Xange.comは、SDGs関連の証券取引所です
  • 2.トークン発行に、XRP元帳を活用します

こういった形です。

 

XRP元帳は、カーボンニュートラルなブロックチェーンであり、プライベートCBDCの発行、プライベートトークンの発行・管理に活用することができます。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!趣味のブログを更新中です。

 

参考サイト ※1.Xango.com公式ページ , ※2.NEWS WIRE

 

RippleNet4つの利点/将来性

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

NewsRippleXRP投資
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました