RippleXRP投資の将来性が期待できる理由9つ【初心者OK】

RippleXRP

RippleXRP投資の将来性が
期待できる理由9つ【初心者OK】

このページでは、シンプルに…、
RippleXRP投資が期待できる理由
について、わかりやすく解説をおこないます。

 

理由は9つある

RippleXRP投資の将来性が期待できる理由は9つあります。その「9つの理由」について、このページではっきりと理解できるように解説をしていきます。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!趣味のブログを更新中です。

 

このページをご覧になるあなたは、
「RippleXRP投資が期待できる理由」がハッキリと理解できるようになります。

 

RippleXRP投資の将来性が期待できる9つ理由

RippleXRP投資の将来性が期待できる9つ理由として、つぎのとおりです。

それぞれ、見ていきましょう。

1.Rippleは、国際送金を革命している

国際送金を、革命している

米国Ripple社は『RippleNet』を提供しています。

RippleNetは、革命的な国際送金ネットワークです。

低コスト・即時決済を実現しています。

(※Ripple社には、独自のDLT技術・特許があります。)

 

Interledgerによる、
ネットワークの相互運用

RippleNetでは、Interledger技術 を採用しています。

Interledgerは、異なる決済ネットワークをつなぎ合わせる技術です。

これにより、RippleNetは、決済ネットワーク同士を 相互接続 できます。

 

✓RippleNetを採用する、主な利点

  • 1.顧客に優れたサービスを提供できる
  • 2.最先端の決済サービスにより、コストを削減できる
  • 3.ODLにより、事前資金調達を排し、LoCを活用できる
  • 4.ネットワークパートナーを、簡単に見つけられる

(※LoC=Line of Credit)

シンプルですが、かなり重要なポイントです。

≫RippleNetを採用している事業者:一覧≪
は、こちらで確認できます。

 

大幅にコストを、削減できる

RippleNetには、大幅な決済コストの削減効果があります。

RippleNetを採用するだけで、33%のコストが削減できます。

さらに、XRPを活用すれば最大60%のコストが削減できます。

 

これらの革命により…、

これらの理由により、RippleNetの採用がすすんでいます。

RippleNetの参加者が、増え続けています。

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由1)

2.デジタル資産XRPに、需要があるから

XRPが、決済に使われる

デジタル資産XRPは、決済用のデジタル資産です。

Ripple社は、約50%の XRP を保有しています。

 

RippleNetには『ODL:オンデマンド流動性』があります。

これは、デジタル資産XRP を決済に活用するしくみです。

 

XRPによる、低コスト決済

ODLは、オンデマンドに流動性を調達するしくみです。

ODLでは、国境を越えた決済のために XRP が使われます。

これにより、低コストに決済することができます。

(※財務管理コストが、大幅に圧縮できます。)

 

ODLは、2017年から商業運転で実利用されています。

2021年Q3には、大幅に利用量が拡大してきています。

XRPの利用が、拡大している

Ripple社は、2021年にTranglo社の40%株式を取得しています。

大手送金プロバイダーとの提携も、増え続けています。

 

これにより、RippleNetを採用するメリットが増大しています。

ネットワーク効果がうまれています。

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由2)

 

3.LiquidityHubが、実装されるから

LiquidityHubが、実装される

Amazon社はまず、「本」からスタートしました。

Ripple社もそれと同じです。

 

2021年11月、LiquidityHubが発表されました。

LiquidityHubは、あらゆる資産トークンの取引に対応します。

 

資産のトークン化により、様々なメリットがあります。

Ripple社の顧客は、LiquidityHubを導入できます。

 

ステーキングにも、対応予定

LiquidityHubでは、あらゆるデジタル資産の取引 に対応できます。

将来的には、ステーキングにも対応する予定です。

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由3)

 

4.XRP元帳に、NFTが実装されるから

NFT機能が、実装される

NFTとは『非代替トークン』の略です。

※Non Fungible Token:非代替トークン

 

XRP元帳には、NFT機能の実装が計画されています。

Ripple社が公式に、NFT仕様を提案しています。

 

NFTユースケースで
XRPが活用される

XRP元帳に、NFT機能が追加されます。

すると、手数料などの支払いにXRPが活用されます。

 

NFTの 発行・管理 にも、XRPが活用されます。

入札にも、XRPが活用される可能性があります。

 

2億5000万ドルの
ファンドが組成

Ripple社は、2億5000万ドルのファンドを組成しています。

XRP元帳NFT開発のための、クリエイターファンドです。

 

Mintableと提携

大手NFTマーケットの『Mintalbe』と提携しています。

Mintableに、XRP元帳が統合される予定です。

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由4)

 

5.SideChainが、実装されるから

XRP元帳機能が、拡張される

XRP元帳には、SideChainが実装されます。

(※SideChain:サイドチェイン/側鎖)

 

これにより、XRP元帳機能が、拡張できます。

SideChainは、元帳上の資産をメインチェーンと相互にシームレスに移動することができる元帳です。

 

EthereumVMChainも実装予定

EthereumVM(スマコン)SideChainが、実装予定です。

SideChainで、Ethereumスマコンが実装可能になります。

Ripple社のDavidShcwartz氏の発言です。

 

XRP元帳の、用途が増える

SideChainにより、XRP元帳機能が拡張されます。

これにより、XRP元帳の用途が増えます。

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由5)

 

6.CBDCが、実装される予定だから

各国政府・機関と提携

Ripple社は「CBDCプライベート元帳」を計画しています。

これは、XRP元帳のプライベートSideChainです。

 

具体的な動きとしては、つぎのとおりです。

  • ①ブータン王立財政庁と、CBDCの試験運用
  • ②パラオ共和国と、デジタル通貨戦略で提携
  • ③デジタルポンド財団に、参加(イギリス)

XRP元帳SideChain上に、CBDCが発行される可能性があります。

 

もちろん、XRP元帳との相互運用性があります。

XRPを介したシームレスな送金にも、対応できます。

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由6)

 

7.WebMonetizationに、利用されるから

あらたなWeb収益化方法

『WebMonetization』は、Interledger技術によるWeb支払いです。

Interledger支払いは、XRP決済に関わっています。

 

コネクタ間の決済に、XRPが活用できます。

(※Talks at Google より)

XRP元帳により、ほぼゼロコストのWeb決済を実現できます。

マイクロペイメントによる、Web支払いです。

(※ブラウザから直接、支払うことができます。)

 

Ripple社の元CTO:StefanThomas氏に、深いかかわりがあります。

Coil社が、WebMonetizationの実用化を進めています。

 

WebMonetizationは、ほぼゼロコストのWeb支払いを実現します。

これにより、クリエイターに直接Web支払いできる。

(※広告によるWeb収益化モデルを革新します。)

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由7)

 

8.Mojaloopに、活用されるから

金融包括を、実現する

金融包括とは、銀行口座をもたない人のための金融です。

貧困地域の人々にも、基本的な金融サービスが必要です。

 

Mojaloopは、Interledger技術で金融包括を実現します。

具体的には、モバイルマネーに相互運用性をもたらします。

 

モバイルマネーと銀行口座で、低コスト決済できるようになります。

Interledgerの決済用資産として、XRPが活用できます。

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由8)

 

9.Interledgerスマコン(Codius)

元帳に依存しない、スマコン

Codiusは、Interledger支払いに基づくスマコンです。

「支払い手段」と「スマコンの実行」に、相互運用性をもたらします。

 

元帳に依存せず、スマコンを実行することができます。

もちろん、Interledger決済にはXRPを活用することができます。

 

ですから…、

RippleXRP投資の将来性を期待することができます。(理由9)

 

 

ここまでの摘要:

 

このページで解説した内容を振り返ると、つぎのとおりです。

それぞれの内容を、わかりやすく解説おこないました。

 

※1回では理解できないかもしれません。

なんどか繰り返し読むことで、内容をより理解できます。

 

まず第一に、『RippleNetが拡大し、XRP決済が活用される』

さらに、『Ripple社のソリューションが、拡張される』

さらに、『Interledger、NFT分野、CBDCでも、活用できる』

 

これが…、

RippleXRP投資の将来性が期待できる理由です。

 

≫実際にRippleNetを採用している事業者≪ については、
こちらのページで解説しています。

 

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!趣味のブログを更新中です。

 

RippleXRP投資で知っておくべき事実

簡単に幸せになる方法のやり方 03

知っておくべき3つの事実

RippleXRP投資で知っておくべき3つの事実は、つぎのとおりです。

  • 1.Ripple社は、価値のインターネットを実現する
  • 2.XRP元帳が、必要な理由
  • 3.Ripple社のライバル・強み

それぞれ、見ていきましょう。

Ripple社は、価値のインターネットを実現する

お金を、自由に移動する

そもそも、”お金”とは帳簿であり『情報』です。

『情報』なら、自由に低コストで送信できるはずです。

 

しかし『情報』は、かんたんにコピーできてしまいます。

ですから、書き換えられない『帳簿』を使います。

 

それが、XRP元帳 です。

XRP元帳は低コストで、信頼でき、高速に決済できます。

 

Ripple社は、XRP元帳を活用することにより…、

”価値のインターネットの実現”を目指しています。

 

※”価値のインターネット”とは、価値が情報とおなじくらい簡単に、自由に低コストでリアルタイムに移動することができるネットワークのことです。

 

XRP元帳が、必要な理由

あらゆる参加者が、低コスト決済できる

RippleNetは、異なる支払いネットワークを相互接続します。

それぞれの参加者は、異なるネットワークに属しています。

 

RippleNetでは、決済にXRPを活用します。

これにより、異なるネットワークの参加者同士が、直接決済できます。

XRPは、決済のためのデジタル資産です。

XRP元帳により、あらゆる参加者が決済できます。

 

RippleNetでは、XRP元帳の活用により…、

異なる参加者が、相互に低コストで決済することができます。

 

≫XRP元帳が使われる8つの理由/6つの優位性≪
は、上記のページで解説しています。

 

3.Ripple社のライバル・強み

 

競合する決済プロバイダー

Ripple社がおこなっているビジネスは…、

  • ①異なる決済ネットワークを、つなぎ合わせる
  • ②デジタル資産XRPにより、流動性をもたらす
  • ③あらゆる資産トークンの、売買・保管

これらの3つが、Ripple社の事業内容です。

 

RippleNetは『低コストな国際決済』が、メインです。

この点でいえば…、

  • SWIFTgpi
  • VISA B2B Connect
  • VISA Direct
  • Mastercard CrossBorder Service
  • UnionPay CrossBorder B2B Payments&Service

これら多くの支払いプロバイダーが、それぞれの地域で活用されています。

 

このように…、

クレジットカード決済ネットワーク、およびSWIFTgpiは、RippleNetと競合する可能性があります。

 

東南アジア/MENA で拡大する、RippleNet

東南アジア・中東・北アフリカ

RippleNetは、東南アジア/MENA 地域で存在感があります。

(※MENA:中東・北アフリカ 地域)

 

  • サイアム商業銀行(タイ)との、密な提携関係
  • Pyyplによる、ODLの活用(MENA)

RippleNetは、決済ネットワークの相互接続をおこないます。

とくに、東南アジア・MENA地域で存在感を強めています。

 

これにより…、

RippleNetは、その利便性・優位性があります。

 

≫RippleNetを採用している事業者≪
については、上記のページで解説しています。

 

マルチ通貨対応のウォレット接続

将来的には、すべての顧客はマルチ通貨対応の専用ウォレットによりRippleNetへ接続する予定です。

 

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!趣味のブログを更新中です。

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

RippleXRP
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました