仮想通貨:ソロジェニック(SOLO)とは?【XRPエアドロップ】

RippleXRP

仮想通貨:ソロジェニック(SOLO)とは?【XRPエアドロップ】

 

このページではシンプルに
仮想通貨:ソロジェニック(SOLO)とは?
について、わかるように解説をおこないます。

 

XRP元帳のエアドロップ
『SOLOトークン』とは何か?

『SOLOトークン』は、XRP元帳を活用した『非ブロックチェーン資産トークン化プロジェクト:ソロジェニック(Sologenic)』の独自トークンです。

 

『SOLOトークン』は、XRP元帳のスナップショット:2021年12月24日、およびXRP元帳トラストラインからの申請により、『エアドロップ(無料配布):2022年1月20日』により提供されています。

 

※SOLOトークンは、XRP元帳上に発行されたトークンです。

 

ソロジェニック(Sologenic)とは何か?

ソロジェニック(Sologenic)とは何か?と言えば、かんたんに言えば『XRP元帳にもとづく、暗号デリバティブ資産(トークン)』の発行・取引プラットフォームです

 

ソロジェニック(Sologenic)により発行される暗号デリバティブ資産トークンは、原資産と1:1の比率で裏付けられている『ステーブルコイン』です。

 

ソロジェニック(Sologenic)の目的:

ソロジェニック(Sologenic)では、非ブロックチェーンの従来金融資産をオンデマンドでトークン化し、

  • ①非ブロックチェーン資産の分散型取引所(DEX)取引
  • ②エンタープライズ向け、トークン化製品(SOLONEX)
  • ③NFTマーケットプラットフォームの提供
  • ④ステーキング報酬の分配

これらの機能提供を目的としています。

 

SologenicDEX(分散型取引所):

『ソロジェニック(Sologenic)』では、証券・株式・ETF・商品・その他の資産をXRP元帳のトークン発行機能により発行し、独自の『Sologenicウォレット』および『SologenicDEX(分散型取引所)』にて取引できます。

 

SologenicDEX(分散型取引所):
⇩  ⇩  ⇩

 

このページでは『仮想通貨:ソロジェニック(Sologenic)とは何か?』について、わかるように解説をおこないます。

 

このページで解説する内容

 

それぞれ、見ていきましょう。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

※もくじから、一覧を確認できます。

⇩ ⇩ ⇩

仮想通貨:ソロジェニック(SOLOトークン)とは何か?

 

『仮想通貨ソロジェニック(SOLOトークン)とは何か?』と言えば、つぎのとおりです。

 

仮想通貨ソロジェニック
(SOLOトークン)とは何か?:

  • ①ソロジェニック(Sologenic)の運営チームが、XRP元帳上に発行するユーティリティトークン※仮想通貨
  • ②ソロジェニックの分散型取引所(DEX)での取引・振り込みのための手数料として利用できる
    ※手数料として利用された『SOLOトークン』は、XRP元帳のブラックホールウォレット機能により、100%焼却(burn)されて消滅します
  • ③2021年12月24日のXRP元帳スナップショット、およびXRP元帳トラストラインからの申請により、2022年1月20日に2億枚が無料配布(エアドロップ)されました
    ※総発行量は、4億枚です

 

このように、仮想通貨ソロジェニック(SOLOトークン)は、ソロジェニックプロジェクトの独自トークンであり、XRP元帳上に発行されています。

 

仮想通貨ソロジェニック(SOLOトークン)の利用目的はおもに、ソロジェニック生態系(エコシステム)での取引手数料・振込手数料であり、

XRP元帳のブラックホールウォレットにより、手数料の100%が焼却(burn)されて消滅するしくみです。

 

ソロジェニック生態系(Ecosystem):

SOLOトークン利用先の『ソロジェニック生態系』としては…、

 

ソロジェニック生態系(SologenicEcosystem):

  • ソロジェニック分散型取引所(DEX)
  • ソロジェニックNFTプラットフォーム
  • ソロジェニックコミュニティ投票(計画中)

このように、ソロジェニック(Sologenic)のエコシステム内で、SOLOトークンを活用することができます。

 

※手数料として利用されたSOLOトークンは、XRP元帳のブラックホールウォレットにより100%が焼却(burn)されて消滅します。

 

仮想通貨ソロジェニック(SOLOトークン)エアドロップの詳細:

『仮想通貨ソロジェニック(SOLOトークン)エアドロップの詳細』としては、つぎのとおりです。

 

仮想通貨ソロジェニック(SOLOトークン)
エアドロップの詳細:

  • 2019年11月、初期のエアドロップ:40万SOLOが、KYCを完了した最初の1万人のユーザーに、40SOLOずつ、エアドロップされました。
  • 2022年1月20日のエアドロップ:2021年12月24日のスナップショットにより、2億SOLOがエアドロップされました。

※SOLOトークンの総発行量は4億枚であり、XRP元帳上のトークンとして発行されました。

 

このように、仮想通貨ソロジェニック(SOLOトークン)は、SOLO拡張ファンド(ExpansionFund)により、計画的なエアドロップにより配布されています。

 

仮想通貨ソロジェニック(SOLOトークン)の総発行量4億枚のうち、

  • 2億40万枚はエアドロップにより配布され、
  • 1億枚は『ソロジェニック生態系(SologenicEcosystem)』の成功のために『ソロジェニック開発コアチーム(Sologenic.org)』により活用されます。

残りの1億枚については、公表されていません。(※要調査)

※現在、追加のSOLOトークン配布の計画は発表されていません。

 

ソロジェニックコアチーム(Sologenic.org)は、ソロジェニックの成功のために情熱を注ぐ、開発者の独立したコミュニティです。

 

※ソロジェニックの運営・開発チームには、『①Sologenic.org(開発コアチーム)』と『②Sologenic.com(証券トークン化)』の2つのチームがあります。

 

ソロジェニック(Sologenic)とは何か?【プロジェクト内容】

このページの冒頭でも述べたとおり…、

 

ソロジェニック(Sologenic)とは何か?:

  • ①XRP元帳のトークン発行機能を活用し、非ブロックチェーン資産を『ステーブル資産トークン』として発行する。
  • ②原資産と 1:1 の比率で裏付けがあり、世界の30以上の証券取引所に上場されている株式・商品・ETFなどを取引することができる。

 

このように、ソロジェニック(Sologenic)ではXRP元帳を活用することにより、非ブロックチェーン資産を『ステーブル暗号資産トークン化』して、取引することができるようにします。

 

ソロジェニック(Sologenic)のプロジェクト内容:

XRP元帳のトークン発行機能を利用して…、

  • ①『証券・株式・商品・ETF』を『担保付ステーブル暗号資産トークン化』する
  • ③さらに『XRP元帳統合分散型取引所(DEX)による取引プラットフォームの提供』をおこなう

 

これが、ソロジェニック(Sologenic)の基本的なプロジェクト内容です。

 

仮想通貨ソロジェニックが提供するサービス:

さらに『仮想通貨ソロジェニック(Sologenic)が提供するサービス』の全体像としては、つぎのとおりです。

 

ソロジェニック(Sologenic)が提供するサービス:

  • ①オンデマンドのステーブル暗号資産トークンの発行
  • ②ソロジェニック(Sologenic)のオリジナルウォレット
  • ③ソロジェニック暗号資産カード(デビットカード)
  • ④ソロジェニック分散型取引所(DEX)の取引機能
    ※XRP元帳の統合分散型取引所機能による
  • ⑤資産のステーキングによる報酬
  • ⑥エンタープライズ向け、暗号資産トークン製品(SOLONEX)

 

このように、ソロジェニック(Sologenic)では、非ブロックチェーン資産の『ステーブル暗号資産トークン化』のほか、

  • ①オリジナルウォレットの提供
  • ②分散型取引所(DEX)機能の提供
  • ③ステーキングによる報酬配分
  • ④エンタープライズ向け、暗号資産トークン製品(SOLONEX)
  • ⑤XRP元帳による、NFT取引プラットフォーム
  • ⑥レイヤー1ブロックチェーン、Coreumの開発

これらを提供しています。

 

『ソロジェニック(Sologenic)』のキービジネスは…、

世界中の非ブロックチェーン資産(証券・株式・商品・ETF)の『担保付ステーブル暗号資産トークン化』することにより、暗号資産として取引・管理できるようにすることです。

 

このように、『ソロジェニック(Sologenic)』は、XRP元帳のトークン発行機能を活用し、証券・株式・商品・ETFの『担保付ステーブル暗号資産トークン』の取引を提供しています。

 

ソロジェニックによる配当の支払い:

『ソロジェニックによる配当の支払い』については、つぎのとおりです。

 

ソロジェニック(Sologenic)による配当の支払い:

ソロジェニック上のステーブル資産トークンは『s〇〇〇』の形であらわされます。ソロジェニック上のステーブル資産トークンを所有しているユーザーは、通常の株式資産を保有しているユーザーと同じように配当金を受け取ることができます。

 

ソロジェニックにおける、株式交換・買収:

『ソロジェニックにおける、株式交換・買収』としては、つぎのとおりです。

 

ソロジェニックによる、株式の交換と買収(合併):

株式企業は市場で合併や買収などを発表すると、資産トークンの性質が変化することがあります。この場合には30日間のトークンスワップ期間により新しいトークン化された資産と交換することができます。

 

ソロジェニック(Sologenic)によるXRP元帳の活用:

『ソロジェニック(Sologenic)によるXRP元帳の活用』については、つぎのとおりです。

 

ソロジェニック(Sologenic)による
XRP元帳の活用:

  • ①ソロジェニック(Sologenic)の『SOLOトークン』は、XRP元帳のスナップショットによりエアドロップされました。
  • ②ソロジェニックの『担保付ステーブル暗号資産トークン(sAssets)』は、XRP元帳のトークン発行機能により提供されています。
  • ③ソロジェニックの分散型取引所(DEX)は、XRP元帳の統合分散型取引所機能を利用しています。
  • ④ソロジェニックNFTプラットフォームは、XRP元帳を活用します。

 

このように、ソロジェニック(Sologenic)は、XRP元帳の優れた機能を利用することで、『担保付ステーブル暗号資産トークン』の発行・取引を提供しています。

 

ソロジェニック(Sologenic)のXRP元帳活用:

  • XRP元帳スナップショットにより、SOLOトークンをエアドロップ
  • XRP元帳トークン機能により、sAssetsを発行
  • XRP元帳統合分散取引所(DEX)により、sAssetsを取引
  • XRP元帳により、NFTプラットフォームを構築

 

このように、ソロジェニック(Sologenic)のチームは徹底的にXRP元帳を活用しています。

 

ソロジェニックの金融機関向け製品『SOLONEX』:

ソロジェニックは、金融機関向けソリューションとして『SOLONEX』を提供します。

 

SOLONEXが提供するサービス内容:

  • 複数資産クラスのトークン化:株式・ETF・不動産などを、XRP元帳によりトークン化して提供します
  • 資産の分割取引:トークン化により、資産を分割可能にして提供できます
  • 24時間無休の取引:24時間年中無休の取引を提供します
  • 企業の資金調達:最新のブロックチェーンにより、企業の資金調達をおこないます
  • 流動性の管理:シンプルな1つのソリューションで流動性を管理できます
  • カストディサービスの管理:トークン化資産をプライベートウォレットで管理できます

 

このように、ソロジェニックの『SOLONEX』では、金融機関向けのトークン化仲介サービスを想定しています。

 

ソロジェニックのレイヤー1ブロックチェーン『Coreum』:

ソロジェニックのレイヤー1ブロックチェーン『Coreum』については、つぎのとおりです。

 

ソロジェニック開発のレイヤー1『Coreum』:

  • ソロジェニック開発チーム
    『SologenicDevelopmentFoundation』が開発する
  • フェデレーショングループによる検証メカニズム
  • 1秒当たり7000TPS、1.5秒ごとブロック生成
    ※9つのバリデーターグループを4時間ごとにローテーションする、フェデレーション方式
  • オンチェーンのトークン発行機能(代替・非代替)
  • 担保付ラップドトークンによる相互運用性
  • 組み込み式分散型取引所(DEX)機能
  • チューリング完全Webアセンブリ(WASM)

 

このように、ソロジェニック開発チームによるレイヤー1ブロックチェーン『Coreum』は、

フェデレーション方式の検証システムにより7000TPS/1.5秒ごとのブロック生成を実現しています。

 

さらに、XRP元帳と同じように、ネイティブなオンチェーントークンの発行機能・組み込み式分散型取引所(DEX)機能を備えている上に、チューリング完全Webアセンブリ(WASM)に対応しています。

 

※『Coreum:CORE』は、SOLOのエアドロップです。

 

Coreumブロックチェーンの性能:

『Coreumブロックチェーンの性能』としては、つぎのとおりです。

 

Coreumブロックチェーンの性能:

  • 1秒あたりTPS:7000トランザクション
  • ブロック生成間隔:1.5秒
  • スマートコントラクト:WASM
  • 検証メカニズム:使用状態のボンド証明(BPOS)

 

このように、『Coreum』は非常に高性能・高機能な第3世代のレイヤー1ブロックチェーンです。

 

ソロジェニック開発チームにより、独自に開発され、2022年2月に最初のエアドロップが計画されています。

 

仮想通貨ソロジェニック(Sologenic)に関するその他の補足情報:

『仮想通貨ソロジェニック(Sologenic)に関するその他の補足情報』としては、つぎのとおりです。

 

仮想通貨ソロジェニックに関する
その他の補足情報:

 

それぞれ、見ていきましょう。

ソロジェニック資産(sAssets)に対応するウォレット:

ソロジェニック(Sologenic)により発行される『担保付ステーブル暗号資産トークン』に対応している仮想通貨ウォレットとして、つぎのとおりです。

 

ソロジェニック資産(sAssets)に対応する
仮想通貨ウォレット:

  • SOLOウォレット(Sologenic)
  • Ledgerデバイス(Ledger nanoS、など)
  • D’Cent
  • XUMMアプリ

 

このように、ソロジェニック(Sologenic)で発行される『担保付ステーブル暗号資産トークン(sAssets)』は、XRP元帳ウォレットによりサポートされています。

 

ソロジェニック(Sologenic)金融ライセンス:

ソロジェニック(Sologenic)は、規制に準拠した投資会社として活動をおこなうために、エストニアの金融監督局(FSA)により、『MiFID Ⅱ投資会社ライセンス』を申請中であり、承認待ちです。

 

ソロジェニック(Sologenic)のサービス提供国:

『ソロジェニック(Sologenic)のサービス提供国』としては、つぎのとおりです。

 

ソロジェニックのサービス提供国:

  • オーストラリア
  • ブルガリア
  • キプロス
  • エストニア
  • フランス
  • ギリシャ
  • アイルランド
  • ラトビア
  • ルクセンブルク
  • オランダ
  • ポルトガル
  • スロバキア
  • スペイン
  • ベルギー
  • クロアチア
  • フィンランド
  • ドイツ
  • ハンガリー
  • イタリア
  • リトアニア
  • マルタ
  • ポーランド
  • ルーマニア
  • スロベニア
  • スウェーデン

 

このように、ソロジェニック(Sologenic)のサービス提供国は『欧州・豪州』が中心です。

 

日本やアメリカのユーザーは、ソロジェニック(Sologenic)のサービスを利用することはできません。

 

ソロジェニック(Sologenic)の運営チーム:

『ソロジェニック(Sologenic)』の運営チームとしては、つぎのとおりです。

 

ソロジェニック(Sologenic)の運営チーム:

ソロジェニックの運営チームとしては…、

  • ①Sologenic.org(SOLO Core Team)
  • ②Sologenic.com(Mainticore Securities AS)

この2つがあります。

 

それぞれが別別のチームであり、

  • Sologenic.org:分散型エコシステムSologenicを拡張する
  • Sologenic.com:証券トークン化(SecuritiesTokenization)に取り組む

このように、異なる目的のために活動しています。

 

ソロジェニック開発財団とSOLO拡張ファンド:

Sologenic開発財団(DevelopmentFoundation)が、Sologenicプロジェクトの運営・開発をおこなっています。

SOLO拡張ファンド(ExpansionFund)により、SOLOトークンの配布がおこなわれています。

 

ソロジェニック(SOLO)とは?:まとめ

このページで解説してきたとおり…、

 

ソロジェニック(SOLO)とは?:まとめ

SOLOトークンのエアドロップ:

  • XRP元帳のスナップショットにより無料配布
  • 合計4億SOLOトークンのうち、2億40万

ソロジェニック(Sologenic)プロジェクト:

  • XRP元帳トークン機能による、トークン化資産
  • XRP元帳分散取引所機能による、DEX
  • XRP元帳ベースでの、NFT取引
  • 金融機関向けトークン化仲介『SOLONEX』
  • 次世代レイヤー1ブロックチェーン『Coreum』

その他:

  • 日本では利用できない

 

このように、ソロジェニック(Sologenic)はXRP元帳を活用した【資産の担保付トークン化・取引】のプロジェクトであり、

独自トークン『SOLO』および、独自レイヤー1ブロックチェーン『Coreum』を開発しています。

 

このページで解説した内容

 

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

RippleXRP投資
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました