リップル:XRP元帳フェデレーションサイドチェーン戦略とは?

RippleXRP

リップル:XRP元帳フェデレーション
サイドチェーン戦略とは?

 

このページでは、シンプルに…、
リップル:XRP元帳フェデレーション
サイドチェーン戦略とは何か?
について、わかるように解説をおこないます。

 

※※フェデレーションサイドチェーン※※

フェデレーションペグとは、連邦制(Federation)により、異なる元帳上の資産に相互運用性をもたらす技術のことです。

フェデレーションサイドチェーン技術とは何か?については、こちらのリンク先をごらんください。

 

このページでは『リップル社のXRP元帳サイドチェーン戦略』について、わかるように解説をおこないます。

 

その要点をまとめると..、

 

XRP元帳に新機能が追加される:

XRP元帳による、DeFiが実現する:

XRP元帳フェデレーションサイドチェーンにより、XRP元帳によるDeFi(分散型金融)が可能となります。

これまで、XRP元帳はシンプルな決済用元帳として、機能を最低限にとどめてきました。

しかし、XRP元帳フェデレーションサイドチェーンの実装により、XRP元帳によるスマートコントラクト・DeFiを実現することができます。

 

XRP元帳に、ラップドトークンが導入できる:

XRP元帳に、フェデレーションサイドチェーンを実装することにより、XRP元帳とシームレスに互換性のある

『ラップドトークン(担保付トークン)』を導入することができるようになります。

これにより、XRP元帳上で『BTC・ETH・LTC・その他、あらゆる暗号資産(仮想通貨)』を取り扱うことができるようになります。

 

XRP元帳に、CBDCを導入できる:

Ripple社は、中央銀行向けに『CBDCプライベート元帳』を開発しています。(※CBDC:中央銀行デジタル資産)

XRP元帳サイドチェーンにより、CBDCを導入することができるようになります。

 

XRP元帳に、NFTトークンが導入できる:

Ripple社は、NFTのためのクリエイターファンドに2億5000万ドルを出資しています。

XRP元帳フェデレーションサイドチェーン技術により、XRP元帳にNFTトークンが導入できます。

 

XRP元帳による、証券トークン取引が実現できる:

XRP元帳サイドチェーンにより、XRP元帳に証券トークン取引用の独自チェーンを導入できます。

 

このように、XRP元帳サイドチェーンにより…、

  • ①スマートコントラクト・DeFiの実装
  • ②あらゆる資産のトークン化/ラップドトークン
  • ③CBDCプライベート元帳の実装

といった、『別次元のXRP元帳の活用』が可能となります。

 

このページでは、さらにわかるように深掘りして解説をおこないます。

 

≫フェデレーションサイドチェーンとは何か?については、こちらのリンク先でわかるように解説しています。

 

このページで解説する内容

 

それぞれ、見ていきましょう。

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

※もくじから、一覧を確認できます。

⇩ ⇩ ⇩

リップル:XRP元帳フェデレーションサイドチェーン戦略とは何か?

『リップル:XRP元帳フェデレーションサイドチェーン戦略とは何か?』と言えば、つぎのとおりです。

 

XRP元帳に、新機能を追加する:

このページの冒頭でも述べたとおり…、

  • ①スマートコントラクト・DeFiの実装
  • ②XRP元帳に、ラップドトークンを導入
  • ③あらゆる資産を、トークン化する
  • ④XRP元帳に、CBDCを導入する

これらの革命的な新機能を、XRP元帳に追加することができるようになります。

 

フェデレーション=連邦制

フェデレーション=連邦制 のことであり、連邦制とは中央政府(XRPメイン元帳)とより小さな内政(サイドチェーン元帳)により成り立つ仕組みのことです。

中央のXRP元帳メインネットを、オープンな相互運用性レイヤーとして、許可制のプライベート元帳や、トークン化資産など、

あらゆる元帳が「Federatorソフトウェア」を介して、XPR元帳とシームレスに相互運用可能になる仕組みです。

 

≫フェデレーションサイドチェーンの仕組みとは?

 

XRP元帳フェデレーションサイドチェーンの仕組み:

『XRP元帳フェデレーションサイドチェーンの仕組み』としては、つぎのとおりです。 

 

XRP元帳フェデレーション
サイドチェーンの仕組み:

XRP元帳上のアセットを、サイドチェーンで活用:

  • XRP元帳には、ネイティブに無制限のトークン発行機能があります。さらに、マルチ署名ウォレット機能に対応しています。
  • XRP元帳メインネットで発行した資産・またはXRPを、フェデレーターによるコピートランザクションを介してサイドチェーン上に送信することができます。(※メインネットでは資産がロックされます。
    ※逆に、サイドチェーン上のネイティブアセットをXRP元帳メインネット上に送信することができます。
  • フェデレーションサイドチェーンでは、ドアアカウントを活用し、フェデレーターがミラートランザクションを作成する仕組みです。

≫フェデレーションサイドチェーンの基本的な仕組み

 

このように、XRP元帳メインネット上に発行された資産(またはXRP)を、シームレスにサイドチェーン元帳上で活用することができるようになります。

サイドチェーンのバリデーターは独自に設定され、独自の機能を追加することができます。

 

XRP元帳フェデレーションサイドチェーンにより、リップル社は新たな製品を実現できる

『XRP元帳フェデレーションサイドチェーンにより、リップル社は新たな製品を実現できる』としては、次のとおりです。

 

CBDC、XRP以外の暗号資産(仮想通貨)、その他あらゆる資産トークン:

プライベートXRP取引:

機関向けに、XRP元帳のプライベートネットワークを構成することにより、ほぼゼロコストで瞬時にXRPを取引することができるようになります。

特にRipple社製品など、企業・金融機関むけ製品において、プライベート元帳によるXRP取引が有効になる可能性があります。

CBDCプライベート元帳:

CBDCプライベート元帳では、XRP元帳フェデレーションサイドチェーン技術により、中央銀行のCBDC発行用のプライベート元帳を実装することができます。

リップルLiquidityHub:

リップル リクイディティハブ(LiquidityHub)では、BTC・ETH、その他あらゆる暗号資産(仮想通貨)およびトークン化資産を取り扱うことができます。(※計画中)

エンタープライズ向け DeFi:

XRP元帳フェデレーションサイドチェーン技術によるDeFiの実現により、リップル社は規制に準拠したエンタープライズクラスのDeFi製品を発表する可能性があります。

XRP元帳に、NFTトークンが導入できる:

Ripple社は、NFTのためのクリエイターファンドに2億5000万ドルを出資しています。

XRP元帳フェデレーションサイドチェーン技術により、XRP元帳にNFTトークンが導入できます。

XRP元帳による、証券トークン取引が実現できる:

XRP元帳サイドチェーンにより、XRP元帳に証券トークン取引用の独自チェーンを導入できます。

 

※ただし、こららは将来的な実装予測となります。

 

技術的には、XRP元帳フェデレーションサイドチェーンは、XRP元帳メインネットとは完全に独立して検証される独自バリデーターを持つ元帳であり、

完全な許可制の元帳、完全にパブリックな元帳、PoWブロックチェーン元帳、その他いずれの元帳でもフェデレーションペグを実装することができます。

≫フェデレーションサイドチェーンの仕組みとは?

 

リップル社のサイドチェーン戦略

『リップル社のサイドチェーン戦略』としては、つぎのとおりです。

 

リップル社のサイドチェーン戦略:

企業・銀行顧客の優位性を活用:

すでに、リップル社の国際送金決済ネットワーク「RippleNet」において、企業・銀行がリップル社の顧客としてパートナーシップを深めています。

この独自の立場を活用することにより、XRP元帳フェデレーションサイドチェーン元帳のエンタープライズ活用を進めることができます。

※これは、ほかのブロックチェーンプロジェクトにはない大きなアドバンテージとなる可能性があります。

LiquidityHubで、流動性を獲得:

リップル 流動性ハブ(LiquidityHub)では、企業・金融機関向けに暗号資産(仮想通貨)およびトークン化資産サービスを提供していく予定です。

これにともない、XRP元帳フェデレーションサイドチェーン資産に流動性をもたらすことができる可能性があります。

 

このように、リップル社がもつ独自の立場を活かすことにより、規制に準拠しつつ、XRP元帳のユースケースを拡張することができます。

 

独自のAMM(自動マーケットメイキング)実装:

『独自のAMM(自動マーケットメイキング)実装』については、つぎのとおりです。

 

独自のAMM(自動マーケットメイキング)実装:

独自のAMM機能が実装される可能性:

XRP元帳の統合型分散取引所は、初期からネイティブに実装されているDEXであり、独自のAMM(自動マーケットメイキング)機能により、ゲームチェンジャーになる可能性があります。

 

このように、XRP元帳には独自のAMM(自動マーケットメイキング)機能が実装される可能性があります。

 

XRP元帳に独自のAMM(自動マーケットメイキング)機能が実装されると、Ripple社のエンタープライズ製品で機関クラスのDeFi機能を提供できる可能性があります。

 

XRP元帳フェデレーションサイドチェーンの実装タイムラインはいつ?

『XRP元帳フェデレーションサイドチェーンの実装タイムライン』としては、つぎのとおりです。

 

XRP元帳フェデレーションサイドチェーンの
実装タイムライン:

  • 2021年11月:RippleXは、XRPLedger v1.8リリースで XRP LedgerMainnetにフェデレーションサイドチェーン実装を提案します。
  • 2022年上半期:RippleXは、フェデレーションサイドチェーンをかんたんに作成、起動、テストし、クロスチェーントランザクションを追跡するための開発者ツールを導入します。

 

このように、XRP元帳フェデレーションサイドチェーンは2022年上半期に実装される予定です。

 

※現在、XRP元帳開発者ネットワーク(Devネット)でサイドチェーンを利用可能です。

 

リップル XRP元帳フェデレーションサイドチェーン戦略:まとめ

このページで解説したとおり…、

 

リップル XRP元帳
サイドチェーン戦略:まとめ

XRP元帳により、DeFiが実現する:

Ripple社CTO:DavidSchwartz氏は、XRP元帳による独自AMM機能の実装を提案しています。

さらに、リップル流動性ハブでは将来的な『イールドファーミング』の提供を予定しており、XRP元帳によるエンタープライズクラスのDeFiが実現する可能性があります。

XRP元帳に、ラップドトークンが導入できる:

XRP元帳サイドチェーン技術により、機関クラスの安全なカストディによるラップドトークンが導入できる可能性があります。

XRP元帳フェデレーションサイドチェーンは独自の許可制プライベート元帳を導入できるため、活用できる機能の可能性は無限大です。

XRP元帳サイドチェーンは『フェデレーション』:

XRP元帳のサイドチェーンは『フェデレーション』により実現します。

メインチェーンとサイドチェーンの『ドアアカウント』により、ミラートランザクションでつなぎ合わせる仕組みです。

XPRメインネット上に発行した資産を、サイドチェーン上で活用することができます。

 

このように、XRP元帳にフェデレーションサイドチェーン技術が導入されることにより、これまでのXRP元帳のシンプルな決済機能に縛られない、

独自の利用目的にあわせた最適なブロックチェーン元帳を、XRP元帳メインネットとシームレスに取引できる形で運用することができます。

 

これにより、

  • ①XRP元帳ベースの規制に準拠したDeFi
  • ②XRPによる、スマコン・DeFi活用
  • ③XRP元帳による、NFT

これらの『革新的な機能』にシームレスに柔軟に対応することができるようになります。

 

補足:リップル社の戦略変更(インターレジャーからサイドチェーンへ)

補足として…、

従来、Ripple社はインターレジャー技術により、R3 Corda や Hyperledger といった貿易金融・資本市場むけブロックチェーンとの相互運用性を確保する戦略がありました。

しかし…、

2021年~2022年のXRP元帳フェデレーションサイドチェーンの実装により、これらの元帳インフラもXRP元帳サイドチェーンとして提供できる戦略を拡大していく可能性があります。

 

つまり…、

従来の、決済用元帳としてのXRPから、サイドチェーンを含めた『汎用DLT元帳インフラ』としてのXRP元帳活用を進めていく可能性があります。

 

このページで解説する内容

 

このページを書いた人

たまき よしひこ/投資家
人生攻略.com代表の「たまき」です。
不動産投資のRENOSYにより毎月50万円の不労所得を実現しました!※今ならAmazonギフト券5万円プレゼント中です。

 

  • XRP元帳によるDeFi
  • XRP元帳によるイーサリアム仮想マシンEVM
  • インターレジャー戦略からの路線変更?
  • 補足:資産トークン化のメリット

 

 

わたしが不労所得で月50万を達成した方法

このページを書いているわたし自身、

完全無料の投資講座を学んで、優良投資先で月50万以上の収益を達成することができています。(=_=)g

ぶっちゃけ、
月50万の不労所得は『簡単』です。

ぶっちゃけ、投資を真剣に勉強するなら、会社で働かずに不労所得で毎月50万を稼ぐのは、だれにでもできるレベルで簡単です。

※もしあなたが真剣に、不労所得で自由な人生を手に入れたいなら、まずは完全無料の投資講座を学んでください。

このページを書いているわたし自身、完全無料の投資講座(Global Financial School)を学んだことで、サラリーマンを辞めて投資による不労収入のみで生活できています。

※わたしが不労収入50万を稼いだ方法はこちら☟

完全無料の投資講座はこちらをクリック

※行動すれば、人生変わりますよ。( 一一)ノ

 

ちなみに…、

※在宅ニートで月収50万を達成しました!!!☕
このページを書いているわたし自身、在宅ニートのネット収益化で月50万を達成することができていますよ。( ̄∇ ̄)g✨

(そのやり方・稼ぎ方のノウハウについては、下記のリンク先ページでわかるようい解説をしています。)

在宅インターネット収益化で月50万稼げます
⇩  ⇩  ⇩
≫在宅ニートが毎月50万を稼げる方法

 

RippleXRP投資
人生攻略.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました